意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一旦中止」とは!意味や使い方!類語も解釈

「一旦中止」という言葉はわりと使われる機会が多い言葉です。

ここでは言葉の意味、使い方を詳しく説明していますので一緒に見ていきましょう。

一旦中止

Meaning-Book
「一旦中止」とは!意味や使い方!類語も解釈>


目次

  • 「一旦中止」の意味
  • 「一旦中止」の表現の使い方
  • 「一旦中止」の類語
  • 「一旦中止」を使った例文と意味を解釈


「一旦中止」の意味

「一旦中止」とは一時的に、ひとまず、ある物事を途中で止めること、また、実行をしないでおくことを言います。

  • 「一旦中止」の読み方

「一旦中止」の読み方

「一旦中止」「いったんちゅうし」と読みます。



「一旦中止」の表現の使い方

「一旦中止」の表現の使い方を紹介します。

「一旦中止」「一旦」とはひとまず、一時的にという意味がある言葉です。

「中止」は物事を途中で止めたり、計画を実行する前に取りやめるといった意味があります。

つまり「一旦中止」とはひとまずここで止める、今は実行しないといった時に使うのです。

「この作業は一旦中止です、今から会議室に集まってください」「仕事を進めることは一旦中止して、旅に出た」などと使いますのはそれまでしていた物事を、ひとまず止めるという意味になります。

そして「イベントは一旦中止と決まった」「明日の予定は一旦中止で、後日に延期らしい」は、計画していたことを一時的に取りやめるという意味になります。

どちらの意味合いかは、前後にある言葉から判断するようにしましょう。

「一旦中止」の類語

「一旦中止」の類語、言い換えを紹介します。

  • 「一旦ストップ」【いったんすとっぷ】
  • 「一時中断」【いちじちゅうだん】

「一旦ストップ」【いったんすとっぷ】

「一旦ストップ」とは、何か物事、作業などをひとまず止める、という意味になります。

「みなさん慌てないで、一旦ストップしてください」「作業は一旦ストップさせて、話し合いをすることになった」などと使います。

「一時中断」【いちじちゅうだん】

「一時中断」とは、それまで続いていた物事を、ある時間、断ち切るという意味になります。

「会議が一時中断していたのは、何か別の問題があったのだろうか」「この計画は一時中断して、先にあの問題を解決させた方がいいのではないでしょうか」などと使います。



「一旦中止」を使った例文と意味を解釈

「一旦中止」を使った例文と意味を見ていきましょう。

  • 「一旦中止」を使った例文1
  • 「一旦中止」を使った例文2

「一旦中止」を使った例文1

「今のままじゃどうなるかわからないし、この計画は、一旦中止しておこう」

「一旦中止」とは、ひとまず止めることを意味しています。

例文のように先にどうなるかわからないとあれば、無理に計画を進めることはリスクが高い場合があります。

このような場合は先の見通しが立つまで、しばらくの間計画を進めない方がいいということを「一旦中止」という言葉で言い表しているのです。

つまり完全に止めるわけではないということなのです。

「一旦中止」を使った例文2

「店をオープンさせることは、一旦中止になったのですが、どうしても実現したいと頑張りました」

「一旦中止」とは何かしていたことを、一時的に止めるという意味になります。

例文は、オープン作業が途中で止まっていたが、何とかオープンにこぎつけたと言っているのです。

icon まとめ

いかがでしたか。

「一旦中止」の意味、使い方など理解できたでしょうか。

例文などを参考にして、言葉を正しく使いこなしていきましょう。