意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「どさんぴん」の意味とは!類語や例文!

時代劇や小説などで「どさんぴん」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、語源や使い方なども併せて紹介します。

どさんぴん

Meaning-Book
「どさんぴん」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「どさんぴん」とは?意味
  • 「どさんぴん」の表現の使い方
  • 「どさんぴん」を使った例文と意味を解釈
  • 「どさんぴん」の類語や類義語


「どさんぴん」とは?意味

「どさんぴん」の意味と語源について紹介します。

  • 意味
  • 語源

意味

「どさんぴん」の意味は以下の2つです。

1つ目は「武士の中でも最低の身分の者を見下した表現」という意味で、江戸時代の貧乏侍を表した言葉です。

2つ目は、上記の意味が転じて「身分低い者や取るに足らない者を見下した表現」という意味で、現代の貧乏な独身男性を表した言葉です。

語源

「どさんぴん」は漢字にすると「ど三一」と表現します。

「ど」「ものごとの程度を強めるやや下品な接頭辞」で、「どケチ」「どブス」など日常会話でよく使われます。

「さんぴん」は、「江戸時代に身分の低い武士を表す言葉」です。

これは、下級武士の年間の給与が「三両一人扶持(三両一分の給与の意味)」であったことから、軽蔑する意味で略して「三一」と呼んでいたことに由来します。

また、「一」「ぴん」と読むのはポルトガル語で「点」を意味する“pinta”という言葉に由来しています。

現在でも「ピン芸人」「ピンからキリまで」などに使われています。



「どさんぴん」の表現の使い方

「どさんぴん」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 人を見下す言葉
  • 男性に対して使われる

文法的な使い方

「どさんぴん」は形容動詞で、「どさんぴんだ・である」として使います。

複合語として「どさんぴん侍」「どさんぴん野郎」などになることもあります。

人を見下す言葉

「どさんぴん」は、元々最低階級の武士に対して町民が軽蔑して呼ぶ表現でした。

現代でも「うだつのあがらない男性」「貧乏な独身男性」などを見下す意味で使われています。

また、自分を卑下して使うこともあります。

男性に対して使われる

「どさんぴん」「武士」を表す言葉ですので、基本的に男性に対して使います。

女性に対して使うことはありません。

「どさんぴん」を使った例文と意味を解釈

「どさんぴん」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「どさんぴん」を使った例文1
  • 「どさんぴん」を使った例文2

「どさんぴん」を使った例文1

「彼はどさんぴんな若造だった」

組織や会社などで、その男性が最初のうちは階級が低く、上の人からこき使われていたことを表しています。

「どさんぴん」を使った例文2

「まだまだどさんぴんなので精進が必要だ」

まだかなりレベルが低く、上の人にとても追いつけない立場なので、頑張らなければならないと言っています。



「どさんぴん」の類語や類義語

「どさんぴん」の類語や類義語を紹介します。

  • 「下っ端」【したっぱ】
  • 「ぺいぺい」【ぺいぺい】

「下っ端」【したっぱ】

「身分や地位が低く、上の人にこき使われる立場の人」という意味です。

「ぺいぺい」【ぺいぺい】

「地位や身分が低い者、或いは技術や芸の未熟な者を見下して言う言葉」という意味です。

icon まとめ

「どさんぴん」は現在では「身分低い者や取るに足らない者を見下した表現」です。

人に対して使う時には十分注意しましょう。