意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「食べ損なう」とは!意味や使い方!例文も解説

「食べ損なう」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「食べ損なう」という言葉の理解を深めていきましょう。

食べ損なう

Meaning-Book
「食べ損なう」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「食べ損なう」の意味
  • 「食べ損なう」の表現の使い方
  • 「食べ損なう」を使った例文と意味を解釈
  • 「食べ損なう」の類語や類義語


「食べ損なう」の意味

「食べ損なう」とは、ある食べ物を食べることができなかった、という意味になります。

  • 「食べ損なう」の読み方

「食べ損なう」の読み方

「食べ損なう」の読み方は、「たべそこなう」になります。



「食べ損なう」の表現の使い方

「食べ損なう」を使った表現を紹介します。

「食べ損なう」「食べ」とは食べることを意味しています。

そして「損なう」とは複数の意味がある言葉ですが、ここでは何かをするのに失敗するという意味で解釈します。

つまり「食べ損なう」とは食べることに失敗する、食べられなかったとなるわけです。

使い方としては「忙しくて、昼ご飯を食べ損なった」「ご馳走があったのに、遅刻したせいで食べ損なう羽目になった」などとなります。

どれも食べることに失敗したというニュアンスであることがわかるかと思います。

食べたくない物であればこのような言い方にはなりませんので、食べたかったが食べられなかった、残念だという時に使うことが多いのです。

「食べ損なう」を使った例文と意味を解釈

「食べ損なう」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「食べ損なう」を使った例文1
  • 「食べ損なう」を使った例文2

「食べ損なう」を使った例文1

「私がお店に行った時は、品切れになっていて、楽しみにしていたのにケーキを食べ損なった」

食べたいと思っていたものが、売り切れていたり、すでになくなっていて食べることができなかった時に「食べ損なう」「食べ損なった」という言い方をします。

「損なう」とは何かを失敗するという意味になりますのでこの場合は「食べる」ことができなかったということを言い表しているのです。

「食べ損なう」を使った例文2

「食事会の日に熱を出して、せっかくのご馳走を食べ損なうなんて私は運が悪い」

「食べ損なう」とは本来ならば食べられるものを食べることに失敗した、という意味で使います。

例文は食事会でご馳走を食べられるはずだったのに、熱を出したことでそれができなかったということを言い表しているのです。



「食べ損なう」の類語や類義語

「食べ損なう」の類語や類義語を紹介します。

  • 「食べ逃す」【たべのがす】
  • 「食べそびれる」【たべそびれる】

「食べ逃す」【たべのがす】

「食べ逃す」とは食べられる機会、食べることを「しそこなう」という意味になります。

「ゆっくりしていたら、食べ逃すよ、さあ早くおかけなさい」「前回、食べ逃したスイーツを今日は絶対食べるつもり」などと使います。

「食べそびれる」【たべそびれる】

「食べそびれる」「そびれる」とは他の同士について、機会を失ってできなかったという意味になります。

つまり「食べそびれる」は食べることができなかったというわけです。

「ちゃっかりした友達に最後の一個をとられて高級チョコレートを食べそびれる」「食べそびれただけに、すごく執着が残った」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「食べ損なう」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。