意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「少なすぎる」とは!意味や使い方!類語や言い換えを解釈

「少なすぎる」という表現は「災害発生時に備えた水の量が少なすぎる」などの文章で使われますが、「少なすぎる」にはどのような意味があるのでしょうか?

「少なすぎる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語や言い換え」について、詳しく解説していきます。

少なすぎる

Meaning-Book
「少なすぎる」とは!意味や使い方!類語や言い換えを解釈>


目次

  • 「少なすぎる」の意味
  • 「少なすぎる」の表現の使い方
  • 「少なすぎる」を使った例文と意味を解釈
  • 「少なすぎる」の類語や言い換え


「少なすぎる」の意味

「少なすぎる」という表現は、「あるモノの数量・お金の金額が極端に足りないこと」「ほんのわずかな数量しかないさま」を意味しています。

また「少なすぎる」という言葉には、「ある目的や用途に対して、物資・食糧や水・お金・道具(備品)などの数・量が大幅に不足しているさま」という意味合いもあるのです。

  • 「少なすぎる」の読み方

「少なすぎる」の読み方

「少なすぎる」の読み方は、「すくなすぎる」になります。



「少なすぎる」の表現の使い方

「少なすぎる」の表現の使い方を紹介します。

「少なすぎる」の表現の使い方は、「モノの数量がほんのわずかしかなくて足りない時」「ある目的(用途)に対して、モノの数・量が大きく不足している場合」に使うという使い方になります。

例えば、「カレーを作るには野菜の品数が少なすぎたので、スーパーに買い出しに行くことにしました」などの文章で、「少なすぎる」という表現を使うことができます。

「少なすぎる」を使った例文と意味を解釈

「少なすぎる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「少なすぎる」を使った例文1
  • 「少なすぎる」を使った例文2

「少なすぎる」を使った例文1

「紛争地帯に設置された野戦病院では医薬品の種類も量も少なすぎて、まともな医療行為を行うことは極めて困難でした」

この「少なすぎる」を使った例文は、「少なすぎる」という表現を、「野戦病院では医薬品の種類も量もほんのわずかしかなくて」という意味を持つ文脈で使っています。

「少なすぎる」を使った例文2

「その定食メニューは大人の男性が食べるにしては、おかずの数もご飯の量も少なすぎるように感じました」

この「少なすぎる」を使った例文は、「おかずの数もご飯の量も極端に足りないように感じました」という意味合いで、「少なすぎる」という表現を使用しています。



「少なすぎる」の類語や言い換え

「少なすぎる」の類語や言い換えを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「過少」【かしょう】
  • 「ほんの僅か」【ほんのわずか】

「過少」【かしょう】

「過少」という表現は、「モノの数量・お金の金額などが少なすぎるさま、極端に少ないこと」を意味しています。

その意味合いから、「モノの数量が極端に足りないこと」を示す「少なすぎる」という表現は、よく似た意味を持つ「過少」という表現に言い換えることが可能なのです。

「ほんの僅か」【ほんのわずか】

「少なすぎる」という表現は、「物資・道具・お金などの数量がほんの僅かしかなくて足りないさま」を意味しています。

「ほんの僅か」とは、「物事の数量・金額などが極めて少しの数(量)しかないさま」を意味する言葉です。

それらの意味から、「少なすぎる」と類似の意味を持っている類語として、「ほんの僅か」という表現を上げることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「少なすぎる」の表現には、「モノの数量・金額などがほんの僅かしかないこと、大幅に不足しているさま」などの意味があります。

「少なすぎる」の類語・言い換えとして、「過少」「ほんの僅か」などがあります。

「少なすぎる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。