意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自宅軟禁」とは!意味や使い方!例文も解説

「自宅軟禁」という表現は「民主化運動のリーダーは政府によって自宅軟禁されていました」などの文章で使われますが、「自宅軟禁」にはどのような意味があるのでしょうか?

「自宅軟禁」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

自宅軟禁

Meaning-Book
「自宅軟禁」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「自宅軟禁」の意味
  • 「自宅軟禁」の表現の使い方
  • 「自宅軟禁」を使った例文と意味を解釈
  • 「自宅軟禁」の類語や言い換え


「自宅軟禁」の意味

「自宅軟禁」という表現は、「相手に自宅から外出することを禁止して、室内での身体・行動の自由までは奪わないが、外部との連絡・交渉・接触は自由にできないようにすること」を意味しています。

「自宅軟禁」とは、「身体の拘束や密室への閉じ込め、暴力の行使などをしない相対的に程度の軽い(ゆるやかな)自宅における監禁」「政府に警戒される政治犯・思想犯に外部との連絡・接触をさせないようにする自宅に留めておく処遇」のことを意味する表現です。

  • 「自宅軟禁」の読み方

「自宅軟禁」の読み方

「自宅軟禁」の読み方は、「じたくなんきん」になります。



「自宅軟禁」の表現の使い方

「自宅軟禁」の表現の使い方を紹介します。

「自宅軟禁」の表現の使い方は、「相手(特に政治犯・反体制派)を自分の家に留めて、外部との連絡・交渉・接触をさせないようにする相対的にゆるやかな監禁」のことを意味して使うという使い方になります。

例えば、「自宅軟禁されると外出や携帯電話の使用は制限されます」といった文章で使用できます。

「自宅軟禁」を使った例文と意味を解釈

「自宅軟禁」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「自宅軟禁」を使った例文1
  • 「自宅軟禁」を使った例文2

「自宅軟禁」を使った例文1

「ミャンマーでは民主運動家のアウンサンスーチーが、軍事政権から長期間にわたって自宅軟禁されていました」

この「自宅軟禁」を使った例文は、「軍事政権から長期間にわたって、自分の家の外に出たり外部との連絡・接触をすることが禁止されていました」という意味で、「自宅軟禁」の表現を使用しています。

「自宅軟禁」を使った例文2

「自宅軟禁は軽い罰則の処遇に思えますが、自宅から自由に外に出られないのはかなりのストレスになります」

この「自宅軟禁」を使った例文は、「自宅軟禁」の表現を、「自宅に留められて、外出や外部の人との連絡・接触を禁止されることは軽い罰則の処遇に思えますが」という意味合いで使っています。



「自宅軟禁」の類語や言い換え

「自宅軟禁」の類語や言い換えを紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「監禁」【かんきん】
  • 「幽閉」【ゆうへい】

「監禁」【かんきん】

「監禁」という表現は、「相手を特定の場所・一定の区画に強制的に閉じ込めて、行動の自由を奪うこと」を意味しています。

その意味合いから、「相対的に程度の軽い自宅における監禁」を示す「自宅軟禁」は、「監禁」という表現で言い換えられるケースがあります。

「幽閉」【ゆうへい】

「幽閉」という言葉は、「特定のある場所に相手を無理やりに閉じ込めて、外に出られないようにすること」を意味しています。

この意味から、「幽閉」という表現を、「相手を自宅に留めて、外出や外部とのやり取りを禁止すること」を示す「自宅軟禁」の類語として紹介できます。

icon まとめ

この記事で解説した「自宅軟禁」の表現には、「身体の拘束や室内での行動の自由は奪わないが、自宅の外に出ることや外部との連絡・交渉・接触を禁ずるゆるやかな監禁」などの意味があります。

「自宅軟禁」の類語・言い換えとして、「監禁」「幽閉」などがあります。

「自宅軟禁」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。