意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「斜切り」とは!意味や使い方!類語や言い換えを解釈

「斜切り」という表現は「オクラを斜切りにして豆腐と和えました」などの文章で使われますが、「斜切り」にはどのような意味があるのでしょうか?

「斜切り」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語や言い換え」について、詳しく解説していきます。

斜切り

Meaning-Book
「斜切り」とは!意味や使い方!類語や言い換えを解釈>


目次

  • 「斜切り」の意味
  • 「斜切り」の表現の使い方
  • 「斜切り」を使った例文と意味を解釈
  • 「斜切り」の類語や言い換え


「斜切り」の意味

「斜切り」という表現は、「対象となるものを斜めの方向に切ること」を意味しています。

「斜切り」というのは、「金属管・木材・バイクのマフラーなどの構造物を斜めに切断すること」「野菜・果物などの食材を斜めに切ること」を意味している表現なのです。

  • 「斜切り」の読み方

「斜切り」の読み方

「斜切り」の読み方は、「はすぎり」になります。



「斜切り」の表現の使い方

「斜切り」の表現の使い方を紹介します。

「斜切り」の表現の使い方は、「金属管・木材・野菜・果物・マフラーなどを斜め方向に切る場合」に使うという使い方になります。

例えば、「アメリカンなバイクのデザインとして、斜切りにしたマフラーが使われることがあります」といった文章で使用することができます。

「斜切り」を使った例文と意味を解釈

「斜切り」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「斜切り」を使った例文1
  • 「斜切り」を使った例文2

「斜切り」を使った例文1

「道路の拡張工事を施工するに当たって、地中に埋まっている水道管を一時的に斜切りにする必要がありました」

この「斜切り」を使った例文は、「斜切り」という表現を、「地中に埋まっている水道管を一時的に斜め方向に切断する必要がありました」という意味合いで使用しています。

「斜切り」を使った例文2

「斜切りにした人参・大根・白菜をたっぷりと味噌仕立ての鍋に入れて、ぐつぐつと煮込んでください」

この「斜切り」を使った例文は、「斜切り」という表現を、「斜めに切った人参・大根・白菜をたっぷりと」という意味を持つ文脈で使っています。



「斜切り」の類語や言い換え

「斜切り」の類語・言い換えを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「斜め切り」【ななめぎり】
  • 「切断」【せつだん】

「斜め切り」【ななめぎり】

「斜切り」という表現は、「金属管(水道管・ガス管)・木材・バイクのマフラーなどを斜めに切断すること」「野菜・果物などの食材を斜めに切ること」を意味しています。

それらの意味合いから、「斜切り」という表現は、「斜め切り」という同じ意味を持つ表現に言い換えることができるのです。

「切断」【せつだん】

「斜切り」という言葉は、「金属管(水道管など)・木材・バイクのマフラーなどを斜め方向に切断すること」「各種の食材を斜めに切断するやり方」を意味しています。

「切断」というのは、「対象となるものを断ち切ること、完全に切り離すこと」を意味しています。

これらの意味から、「斜切り」と近しい類似の意味を持っている類語(シソーラス)として、「切断」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「斜切り」という表現には、「対象となるものを斜めの方向に切ること」「構造物・食材を斜めに切ること」の意味があります。

「斜切り」の類語・言い換えとして、「斜め切り」「切断」などがあります。

「斜切り」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。