意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ヤマアラシのジレンマ」とは?意味!由来は実際は嘘?を解釈

ネットなどで話題になっている「ヤマアラシのジレンマ」とは一体どの様な意味なのでしょうか。

ヤマアラシのジレンマ

Meaning-Book
「ヤマアラシのジレンマ」とは?意味!由来は実際は嘘?を解釈>


目次

  • 「ヤマアラシのジレンマ」とは?意味
  • 「ヤマアラシのジレンマ」の由来
  • 「ヤマアラシのジレンマ」は嘘?あくまで例え話?


「ヤマアラシのジレンマ」とは?意味

「ヤマアラシのジレンマ」の意味は「恋人とうまくやっていく為には、程良い距離感を掴んでいくことが大切」ということです。

恋人同士は元々他人ですので家族の様にはいかず、近づき過ぎると相反する部分が目立ってケンカになり易く、かと言って離れてしまうと寂しくて仕方が無い存在です。

ベタベタし過ぎず、離れすぎない距離を見つけて維持するべきであるという教訓を表す言葉です。



「ヤマアラシのジレンマ」の由来

「ヤマアラシのジレンマ」は、ドイツの哲学者ショーペンハウエルが唱えたエピソードから来ています。

ある冬の夜に、2匹のヤマアラシが温まろうと身体をぴったりとくっつけようとしました。

ところが、お互いのトゲが相手を傷つけてしまった為に、相手と丁度良い距離感を探ろうとくっついたり離れたりして、ジレンマを感じたという内容です。

このエピソードは人気アニメ「エヴァンゲリオン」の中で引用された為に注目されました。

「ヤマアラシのジレンマ」は嘘?あくまで例え話?

実際のところやヤマアラシは、針のない頭をくっつけ合って身体を温めて眠っているとのことです。

「ヤマアラシのジレンマ」はあくまで例え話で、人間関係をスムーズにする為に考えられたものです。



icon まとめ

「ヤマアラシのジレンマ」「恋人とうまくやっていく為には、程良い距離感を掴んでいくことが大切」という意味です。

ベタベタせず、離れすぎず、適度な距離感を探って行きましょう。