意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「逃す手はない」とは!意味や使い方!類語も解釈

ビジネスや日常会話で「逃す手はない」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

逃す手はない

Meaning-Book
「逃す手はない」とは!意味や使い方!類語も解釈>


目次

  • 「逃す手はない」の意味
  • 「逃す手はない」の表現の使い方
  • 「逃す手はない」の類語や言い換え
  • 「逃す手はない」を使った例文と意味を解釈


「逃す手はない」の意味

「逃す手はない」の意味は、「それを見過ごすという選択肢はない」、つまり「見過ごさないべきである」です。

ビジネスやプライベートで良いチャンスに恵まれたけれども、不安材料があったり自信がないなどで、どうしようか迷っている時に是非ともと勧める時の表現です。

自分を奮い立たせる時にも、人に対して背中を押す時にも使われます。

  • 「逃す手はない」の読み方
  • 「逃す手はない」を分解して解釈

「逃す手はない」の読み方

「逃す手はない」「のがすてはない」と読みます。

「手はない」と続く時には「逃がす」「にがす」ではなく「のがす」と読みます。

「逃す手はない」を分解して解釈

「逃す手はない」「逃す+手+は(助詞)+ない」で成り立っています。

「逃がす」「にがす」と読む場合には「意図的に捕まえない」「捕えていたものを解放する」という意味で、「のがす」と読む場合は「掴みそこなう」「機会を失う」という意味になります。

「手」「将棋の一手」であり、転じて「手段」という意味です。

これらに否定の形容詞「ない」が付き、「そうせずにいる選択肢はない」「是非ともするべきだ」という意味になります。

これらの言葉が組み合わさり「機会を失う選択肢はない」「是非とも機会を利用するべきだ」という意味で使われています。



「逃す手はない」の表現の使い方

「逃す手はない」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「逃さない手はない」は間違い?

文法的な使い方

「逃す手はない」は形容詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「逃す手はなく」になります。

「逃さない手はない」は間違い?

「手はない」は通常動詞の否定形に付き、「~しない選択肢はない」という意味です。

「使わない手はない」「乗らない手はない」など、「ない」に続いて使われます。

但し、「逃す」は元々「掴めない」「機会を得られない」とい否定の意味ですので、「逃さない手はない」は誤用になります。

「逃す手はない」の類語や言い換え

「逃す手はない」の類語を紹介します。

  • 「絶好のチャンス」【ぜっこうのちゃんす】
  • 「千載一遇」【せんざいいちぐう】

「絶好のチャンス」【ぜっこうのちゃんす】

「この機会を逃したら二度とないような大きなきっかけのこと」という意味です。

「千載一遇」【せんざいいちぐう】

「千年に一度しか出会えないような滅多にない良い機会のこと」という意味です。



「逃す手はない」を使った例文と意味を解釈

「逃す手はない」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「逃す手はない」を使った例文1
  • 「逃す手はない」を使った例文2

「逃す手はない」を使った例文1

「折角の婚活のチャンスを逃す手はないよ」

結婚願望がある友人にお見合いの話が来たので、是非会ってみるべきであると進めています。

「逃す手はない」を使った例文2

「こんなビジネスチャンスを逃す手はない」

ビジネスで多いなチャンスが巡って来たので、是非挑戦するべきであると言っています。

icon まとめ

「逃す手はない」「それを見過ごすという選択肢はない」、つまり「見過ごさないべきである」という意味です。

大きなチャンスに恵まれた時に使いましょう。