意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手っ取り早い」とは!意味や使い方!類語や言い換えを解釈

ビジネスや日常会話で「手っ取り早い」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

手っ取り早い

Meaning-Book
「手っ取り早い」とは!意味や使い方!類語や言い換えを解釈>


目次

  • 「手っ取り早い」の意味
  • 「手っ取り早い」の表現の使い方
  • 「手っ取り早い」の類語や言い換え
  • 「手っ取り早い」を使った例文と意味を解釈


「手っ取り早い」の意味

「手っ取り早い」の意味は以下の2つです。

1つ目は「てきぱきしていて素早いこと」という意味です。

その人が行動を起こした時に、身のこなしが機敏で手際がよく、やるべきことが早く片付くことを言います。

2つ目は「手間がかからない」という意味です。

何かやりたいことを成功させたり、目的を達成させる為の方法に対して、最も簡単で早くできることを表します。

  • 「手っ取り早い」の読み方
  • 「手っ取り早い」を分解して解釈

「手っ取り早い」の読み方

「手っ取り早い」の読み方は「てっとりばやい」です。

「早い」「はやい」ではなく「ばやい」と読むことを覚えておきましょう。

「手っ取り早い」を分解して解釈

「手っ取り早い」「手っ+取り+早い」で成り立っています。

「手っ」は元々「手」が促音化したもので、接頭辞として形容詞・形容動詞に付き、意味を強める言葉です。

「取り」は動詞「取る」の連用形で「手の中におさめる」「うまく動かして処理する」「様々な方法で自分のものにする」「うまくものごとを進める」という意味があります。

「早い」「ものごとが速やかに進む」「その時間よりも前である」「まだその時期ではない」「簡単である」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「簡単に手に入れる」「簡単に済ませる」という意味で使われています。



「手っ取り早い」の表現の使い方

「手っ取り早い」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 人に対して使う時には注意

文法的な使い方

「手っ取り早い」は形容詞であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「手っ取り早く」になります。

人に対して使う時には注意

ビジネスで「手っ取り早い」は、「早くて簡単」という意味で使われます。

顧客に対して使うと「自分は忙しいので早くしたい」といい加減な意味に取られることがあるので、注意しましょう。

「手っ取り早い」の類語や言い換え

「手っ取り早い」の類語を紹介します。

  • 「手短」【てみじか】
  • 「効率的」【こうりつてき】

「手短」【てみじか】

「文章や話の内容が簡単で分り易いこと」という意味です。

「効率的」【こうりつてき】

「ものごとが無駄なく進み、使った体力と比較して得られた結果が大きくなること」という意味です。



「手っ取り早い」を使った例文と意味を解釈

「手っ取り早い」を使った例文と意味を解釈します。

  • 「手っ取り早い」を使った例文1
  • 「手っ取り早い」を使った例文2

「手っ取り早い」を使った例文1

「手っ取り早く終らせる方法を知りたい」

複雑で時間のかかる作業があり、もっと手間のかからない方法はないものかと言っています。

「手っ取り早い」を使った例文2

「これから出かけるから手っ取り早く説明してくれ」

トラブルや案件などについて、時間がないので素早く説明して欲しいと言っています。

icon まとめ

「手っ取り早い」「てきぱきしていて素早いこと」「手間がかからない」という意味があります。

ビジネスシーンで急いでいる時に使いましょう。