意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「待ち時間」とは!意味や使い方!解釈

「待ち時間」という表現は「順番が来るまでの待ち時間は約1時間になります」などの文章で使われますが、「待ち時間」にはどのような意味があるのでしょうか?

「待ち時間」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

待ち時間

Meaning-Book
「待ち時間」とは!意味や使い方!解釈>


目次

  • 「待ち時間」の意味
  • 「待ち時間」の表現の使い方
  • 「待ち時間」を使った例文と意味を解釈
  • 「待ち時間」の類語と解釈


「待ち時間」の意味

「待ち時間」という表現は、「テーマパークの入場・ライブ開演・レジ対応・病院などで、自分の順番が回ってくるまで待ち受けている時間、その時間の長さ」のことを意味しています。

「時間」とは、「時・分・秒で表現される時計の針が動いている間(究極的には地球が自転・公転の運動をしている間を区分したもの)」といった意味合いを持っています。

「待ち時間」というのは、「自分の順番が来るまで待っていなければならない時間」「何かができあがるまでの時間(ある物事が起こるまでの時間)」を意味している表現です。

  • 「待ち時間」の読み方

「待ち時間」の読み方

「待ち時間」の読み方は、「まちじかん」になります。



「待ち時間」の表現の使い方

「待ち時間」の表現の使い方を紹介します。

「待ち時間」の表現の使い方は、「テーマパークやライブ会場(コンサート会場)、レジ対応、病院の診察などで、自分の順番が回ってくるまでの間の時間」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「TDLのアトラクションに乗るまでの待ち時間は約2時間もありました」などの文章で、この表現を適切に使うことができます。

「待ち時間」を使った例文と意味を解釈

「待ち時間」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「待ち時間」を使った例文1
  • 「待ち時間」を使った例文2

「待ち時間」を使った例文1

「体調が悪くて病院に行ったのですが、待ち時間が長すぎて余計に気分が悪くなってしまいました」

この「待ち時間」を使った例文は、「待ち時間」という表現を、「病院で自分の診察の順番が回ってくるまでの時間が長すぎて」の意味を持つ文脈で使用しています。

「待ち時間」を使った例文2

「USJのアトラクションの待ち時間は1時間以上になることも多いので、余裕を持って行動したほうが良いです」

この「待ち時間」を使った例文は、「USJのアトラクションで自分の順番が来るまでの間の時間は」という意味合いで、「待ち時間」という表現を使っています。



「待ち時間」の類語と解釈

「待ち時間」の類語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「待機時間」【たいきじかん】
  • 「ウェイティングタイム」【うぇいてぃんぐたいむ】

「待機時間」【たいきじかん】

「待機時間」という表現は、「自分の順番が来るまで待ち受けている時間」「ある物事が起こるまで待っている間の時間」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「待ち時間」とほとんど同じ意味を持っている類語(シソーラス)として、「待機時間」という表現を上げることができます。

「ウェイティングタイム」【うぇいてぃんぐたいむ】

「待ち時間」という言葉は、日本語としても通用しやすい英語で表現すると「ウェイティングタイム」になります。

この意味から、「待ち時間」とほぼ同じ意味合いを持っている類義語として、「ウェイティングタイム」という表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「待ち時間」の表現には、「自分の順番が回ってくるまで待ち受けている時間・その時間の長さ」などの意味があります。

「待ち時間」の類語・類義語として、「待機時間」「ウェイティングタイム」などがあります。

「待ち時間」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。