意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「毒される」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「毒される」という表現は「彼の物事の考え方は、不良仲間に毒されていました」などの文章で使われますが、「毒される」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「毒される」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

毒される

Meaning-Book
「毒される」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「毒される」の意味
  • 「毒される」の表現の使い方
  • 「毒される」を使った例文と意味を解釈
  • 「毒される」の類語や類義語


「毒される」の意味

「毒される」という表現は、「他者の発言・思想・価値観などから、好ましくない悪い影響を受けること」を意味しています。

「毒される」というのは、「他者・表現内容・作品・思想などに強く感化されて、道徳面や行動面で悪い影響を受けること」を意味している表現なのです。

  • 「毒される」の読み方

「毒される」の読み方

「毒される」の読み方は、「どくされる」になります。



「毒される」の表現の使い方

「毒される」の表現の使い方を紹介します。

「毒される」の表現の使い方は、「他者・作品・思想などに感化されて、道徳面・人格面で好ましくない影響を受けて、性格(言動)が変わってしまう場合」に使うという使い方になります。

例えば、「低俗なテレビ番組に子供たちが毒されて、学校で馬鹿馬鹿しい愚かな行いをするのではないかと懸念しています」といった文章で、「毒される」の表現を使えます。

「毒される」を使った例文と意味を解釈

「毒される」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「毒される」を使った例文1
  • 「毒される」を使った例文2

「毒される」を使った例文1

「残酷な殺人を繰り返した連続殺人犯は、猟奇的な内容のスプラッター映画に毒された可能性が指摘されています」

この「毒される」を使った例文は、「毒される」の表現を、「猟奇的な内容のスプラッター映画に感化されて悪影響を受けた可能性」という意味を持つ文脈で使用しています。

「毒される」を使った例文2

「良くない噂のある悪友たちに毒されて、中学生の彼はいつしかタバコを吸ったりタトゥーを入れて喧嘩をしたりし始めました」

この「毒される」を使った例文は、「良くない噂のある悪友たちに強く感化されたり悪い影響を受けたりして」という意味合いで、「毒される」の表現を使っています。



「毒される」の類語や類義語

「毒される」の類語や類義語を紹介します。

  • 「悪影響を受ける」【あくえいきょうをうける】
  • 「道を誤る」【みちをあやまる】

「悪影響を受ける」【あくえいきょうをうける】

「毒される」という表現は、「近くにいる他者や触れた作品・思想などから、道徳的・人格的に好ましくない悪い影響を受けること」を意味しています。

その意味合いから、「悪影響を受ける」の表現を、「毒される」とほとんど同じ意味を持つ類語として解釈できます。

「道を誤る」【みちをあやまる】

「毒される」という言葉は、「他者・思想・作品などに強く感化されて悪影響を受けた結果、悪いことをしたり道を誤ったりすること」を意味しています。

「道を誤る」というのは、「道徳的・人間的・法律的に許されない悪いことをしてしまうこと」を意味する表現です。

それらの意味から、「毒される」と類似の意味を持っている類義語として、「道を誤る」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「毒される」の表現には、「他者・メディア・作品などに感化されて、道徳面や行動面で悪い影響を受けること」などの意味があります。

「毒される」の類語・類義語として、「悪影響を受ける」「道を誤る」などがあります。

「毒される」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。