意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝説」とは!意味や使い方!言い換えと解釈

ネット記事や小説・物語などで「伝説」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

伝説

Meaning-Book
「伝説」とは!意味や使い方!言い換えと解釈>


目次

  • 「伝説」の意味
  • 「伝説」の表現の使い方
  • 「伝説」を使った例文と意味を解釈
  • 「伝説」の類語


「伝説」の意味

「伝説」の意味は以下の2つです。

1つ目は、「ある時に、ある場所においてそのものごとが起きたと信じられ、語り継がれている話」という意味です。

「浦島太郎」「天の羽衣」など、英雄や場所に関する話で、本当にその地名などが残っていて、事実であるかの様に伝えられているものを言います。

最初から嘘であることがはっきりしているものは「昔話」「おとぎ話」と言われます。

2つ目は、「その話を言い伝えること」という意味で、武勇伝や大きな失敗談など、より話題性のある噂話のことを言います。

  • 「伝説」の読み方
  • 「伝説」の言葉の成り立ち

「伝説」の読み方

「伝説」「でんせつ」と読みます。

特に難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「伝説」の言葉の成り立ち

「伝説」「伝」「つたわる」とも読み、「昔からの言い伝え」「ある人の生涯を記録したもの」「注釈や解釈をしたもの」「やりかた・方法」という意味があります。

「説」「あるものごとに対する主張」「噂」「一般的な解釈」という意味です。

これらの意味が組み合さり「昔からの言い伝えの解釈」「個人の大きな出来事の噂」という意味で使われています。



「伝説」の表現の使い方

「伝説」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な意味
  • 現在のことにも使われる

文法的な意味

「伝説」は名詞であり、文末に使う時には動詞を伴って「伝説がある・あった」「伝説として知られている・っ知られていた」などになります。

「伝説の〇〇」と、その噂の対象となる名前が続くこともあります。

現在のことにも使われる

「伝説」は、昔のことだけに使われるのではありません。

現在のことでも、「歴史に残る偉業」「凄いこと」「驚く様なこと」などを成し遂げた時に使われます。

スラング的に「人騒がせなことをした時」にも使われます。

「伝説」を使った例文と意味を解釈

「伝説」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「伝説」を使った例文1
  • 「伝説」を使った例文2

「伝説」を使った例文1

「桃太郎の伝説は本当だと言われ、鬼が島もちゃんと実在している」

桃太郎の話は本当であると言われていて、香川県には「鬼が島」も実在しています。

「伝説」を使った例文2

「彼女が酔っぱらって起こした事件の数々は伝説となっている」

酔っぱらってしまうととんでもないことをしてしまう女性がいて、噂として語り継がれています。



「伝説」の類語

「伝説」の類語について紹介します。

  • 「レジェンド」【れじぇんど】
  • 「言い伝え」【いいつたえ】

「レジェンド」【れじぇんど】

「伝説的な人物」という意味で、あるジャンルにおいて「この人を抜きにしては語れない」と言われる様な、偉大な功績を上げた人のことを表します。

「言い伝え」【いいつたえ】

「何世代にもわたり、人から人に口頭で伝えられてきた話のこと」という意味です。

icon まとめ

「伝説」「ある時に、ある場所においてそのものごとが起きたと信じられ、語り継がれている話」「その話を言い伝えること」という意味です。

凄いことを成し遂げた人に対して使いましょう。