意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「話題作り」とは!意味や使い方!解釈

日常会話やネット記事などで「話題作り」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

話題作り

Meaning-Book
「話題作り」とは!意味や使い方!解釈>


目次

  • 「話題作り」の意味
  • 「話題作り」の表現の使い方
  • 「話題作り」を使った例文と意味を解釈
  • 「話題作り」の類語と解釈


「話題作り」の意味

「話題作り」の意味は以下の2つです。

1つ目は「人が興味を持ち、話したいと思う様な内容の話を提供すること」という意味です。

初対面の相手と話す時に、お互いが打ち解けて話せる様なきっかけとなる質問やエピソードなどについて話すことを言います」 2つ目は「芸能人が世間に注目されたくて意図的にスキャンダルを起こすこと」という意味です。

人気が落ちてきた芸能人などが、世間の人に忘れ去られない様にテレビ出演の回数を増やそうと、わざと問題を起こすことを言います。

  • 「話題作り」の読み方
  • 「話題作り」の具体例

「話題作り」の読み方

「話題作り」の読み方は「わだいづくり」になります。

特に難しい言葉ではないので、読み書き出来る様にしておきましょう。

「話題作り」の具体例

「話題作り」をする為の具体例には以下のものがあります。

1つ目は「住んでいる場所」で、「どちらからいらっしゃいましたか?」と言うだけです。

行ったことがあったり、有名なお店やスポットを知っていればそれを話題にして盛り上がれます。

2つ目は「出身地」で、観光名所やグルメ、おみやげなどで会話が弾みます。

3つ目は「趣味」で、「休みの日はどの様に過ごしていますか?」で良いでしょう。

相手の意外な一面を発見できるかも知れません。



「話題作り」の表現の使い方

「話題作り」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「話題作りを狙う」の使い方

文法的な使い方

「話題作り」は名詞であり、文末に使う時には動詞を伴って「話題作りをする・しない」「話題作りに苦しむ・苦しまない」などになります。

「話題作りを狙う」の使い方

「話題作りを狙う」というと、わざと大袈裟に伝えたり、大事にするなどの意味があります。

人に対して使うと嫌味になるので注意しましょう。

「話題作り」を使った例文と意味を解釈

「話題作り」を使った例文と意味を解釈します。

  • 「話題作り」を使った例文1
  • 「話題作り」を使った例文2

「話題作り」を使った例文1

「彼女は話題作りが上手く、初対面の人ともすぐに親しくなれる」 初対面の人ともスムーズに会話ができて、親しくなれる人であると言っています。

「話題作り」を使った例文2

「初デートで話題作りに苦労した」 初デートで恋人と何を話したら良いか分からず、困ったことを表しています。



「話題作り」の類語と解釈

「話題作り」の類語と解釈を紹介します。

  • 「ネタ作り」【ねたづくり】
  • 「コミュニケ―ション能力」【こみゅにけーしょんのうりょく】

「ネタ作り」【ねたづくり】

「笑える様な話題をあらかじめ考えておくこと」という意味です。

「コミュニケ―ション能力」【こみゅにけーしょんのうりょく】

「人と接する時に、意思疎通をスムーズにできるスキルのこと」という意味です。

icon まとめ

「話題作り」「人が興味を持ち、話したいと思う様な内容の話を提供すること」「芸能人が世間に注目されたくて意図的にスキャンダルを起こすこと」という意味があります。

初対面の人と話す機会がある時に使いましょう。