意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「復活」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「復活」という表現は「期限が切れている民間保険の保障内容を復活させる手続きを行いました」などの文章で使われますが、「復活」にはどのような意味があるのでしょうか?

「復活」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

復活

Meaning-Book
「復活」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「復活」の意味
  • 「復活」の表現の使い方
  • 「復活」を使った例文と意味を解釈
  • 「復活」の類語や類義語


「復活」の意味

「復活」という表現は、「死んだ者が生き返ること・よみがえること」「亡くなっていた人が蘇生(そせい)すること」を意味しています。

「復活」という言葉は元々、キリスト教の中心的な教義と関係していて、「十字架上のはりつけの刑で死んだイエス=キリストが三日後に肉体を持ってよみがえったこと(人類の死と罪に勝利したこと)」を意味しています。

また「復活」には、「一度廃止したものや消失したものを、再び元の状態に戻すこと」の意味合いもあります。

  • 「復活」の読み方

「復活」の読み方

「復活」の読み方は、「ふっかつ」になります。



「復活」の表現の使い方

「復活」の表現の使い方を紹介します。

「復活」の表現の使い方は、「(創作・仮定・喩えにおいて)死んだ者が蘇生して生き返った時」に使うという使い方になります。

例えば、「本当にこの世に復活した死者というものは存在するのでしょうか?」などの文章で使うことができます。

また「失った権利の復活を希望しています」というように、「一度消滅(廃止)したものを、もう一度元の状態に戻す場合」にも、「復活」の表現が使えます。

「復活」を使った例文と意味を解釈

「復活」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「復活」を使った例文1
  • 「復活」を使った例文2

「復活」を使った例文1

「神の子であるイエス・キリストは十字架刑で死刑にされたのに、三日後に復活するという奇跡を起こしたことで知られます」

この「復活」を使った例文は、「復活」という表現を、「神の子であるイエス・キリストは十字架刑で死刑にされたのに、三日後に生き返る(よみがえる)という奇跡を」という意味合いで使っています。

「復活」を使った例文2

「政府は一度廃止していた現金給付の子育て支援制度を復活させる検討を始めました」

この「復活」を使った例文は、「現金給付の子育て支援制度を、再び元の状態に戻す検討を始めた」という意味を持つ文脈で、「復活」という表現を使用しています。



「復活」の類語や類義語

「復活」の類語や類義語を紹介します。

  • 「蘇生」【そせい】
  • 「回復」【かいふく】

「蘇生」【そせい】

「蘇生」という表現は、「危篤・瀕死の状態にあった人が持ち直して生き返ること」「一度は心肺停止した人がよみがえること」を意味しています。

その意味合いから、「死んだ人が生き返ること」を示す「復活」の類語(シソーラス)として、「蘇生」という表現を上げられます。

「回復」【かいふく】

「回復」という言葉は、「一度悪い状態になったものを、元の状態へと戻すこと」「一度失ったものを、取り戻して元の状態にすること」を意味しています。

これらの意味から、「回復」という表現を、「一度消失・廃止したものを元の状態に戻すこと」を意味する「復活」の類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「復活」の表現には、「死んだ人が生き返ること」「一度失ったものを、再び元の状態に戻すこと」などの意味があります。

「復活」の類語・類義語として、「蘇生」「回復」などがあります。

「復活」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。