意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誘惑」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「誘惑」という表現は「彼女に誘惑されてついていかない男はいないでしょう」などの文章で使われますが、「誘惑」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「誘惑」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

誘惑

Meaning-Book
「誘惑」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「誘惑」の意味
  • 「誘惑」の表現の使い方
  • 「誘惑」を使った例文と意味を解釈
  • 「誘惑」の類語や類義語


「誘惑」の意味

「誘惑」という表現は、「相手の心を惑わせて、何らかの行為・関係・活動・悪事に誘うこと」「相手を性的に魅了して恋愛・性的行為・不倫などに誘うこと」を意味しています。

「誘惑」というのは、「相手にとって魅力的なことで気持ちを引きつけて、好ましくないことに誘うこと、おびきだすこと」を意味している表現なのです。

  • 「誘惑」の読み方

「誘惑」の読み方

「誘惑」の読み方は、「ゆうわく」になります。



「誘惑」の表現の使い方

「誘惑」の表現の使い方を紹介します。

「誘惑」の表現の使い方は、「相手にとって魅力に感じることで引きつけて誘う場合、好ましくないことにおびきだす場合」「相手を性的に惑わせて誘う時」に使うという使い方になります。

例えば、「禁酒していたのですが、お酒の誘惑に負けてしまい、一杯だけ飲んでしまいました」などの文章で使用できます。

「誘惑」を使った例文と意味を解釈

「誘惑」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「誘惑」を使った例文1
  • 「誘惑」を使った例文2

「誘惑」を使った例文1

「誘惑に負けない強い精神力を持つことによって、トラブルや犯罪に巻き込まれるリスクを格段に減らすことができます」

この「誘惑」を使った例文は、「好ましくないことへの心を惑わす誘いかけに負けない強い精神力を持つことによって」という意味合いで、「誘惑」という表現を使用しています。

「誘惑」を使った例文2

「あの夜は、コケティッシュな彼女の誘惑にどうしてもあらがうことができず、結果として彼女を裏切ってしまいました」

この「誘惑」を使った例文は、「誘惑」という表現を、「コケティッシュ(蠱惑的)な彼女の性的な誘いにどうしても抵抗することができず」という意味を持つ文章で使っています。



「誘惑」の類語や類義語

「誘惑」の類語や類義語を紹介します。

  • 「誘い」【さそい】
  • 「勧誘」【かんゆう】

「誘い」【さそい】

「誘惑」という表現は、「魅力的な姿・言葉・条件などで、相手の心を迷わせて誘うこと」を意味しています。

「誘い」というのは、「ある行為・活動・関係などに参加させようとすること、勧誘すること」を意味する言葉です。

それらの意味から、「誘惑」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「誘い」の表現を指摘できます。

「勧誘」【かんゆう】

「勧誘」という表現は、「ある物事・商品・活動などを相手に勧めて、それに何とか参加(購入)させようとして誘うこと」を意味しています。

「誘惑」の言葉は、「相手の心を惑わせる提案や言動をして誘うこと」の意味合いを持っています。

この両者の意味から、「勧誘」という表現を、「誘惑」という表現の類義語として解釈できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「誘惑」の表現には、「相手の心を迷わせて、何らかの行為・関係・活動などに誘い出すこと」「相手を性的に魅了して恋愛・不定・性的行為などに誘うこと」の意味があります。

「誘惑」の類語・類義語として、「誘い」「勧誘」などがあります。

「誘惑」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。