意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憎み合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「憎み合う」という表現は「憎み合っている人同士が一緒に暮らせば、トラブルが起こります」などの文章で使われますが、「憎み合う」にはどのような意味があるのでしょうか?

「憎み合う」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

憎み合う

Meaning-Book
「憎み合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「憎み合う」の意味
  • 「憎み合う」の表現の使い方
  • 「憎み合う」を使った例文と意味を解釈
  • 「憎み合う」の類語や類義語


「憎み合う」の意味

「憎み合う」という表現は、「二人以上の人たちが、お互いのことを不利益・不快をもたらす相手として嫌い合うこと」を意味しています。

「憎み合う」というのは、「お互いに相手のことを許しがたいと思って嫌い合うこと」「お互いに相手の言動・態度に強い不快感を抱き合うこと」を意味している表現なのです。

  • 「憎み合う」の読み方

「憎み合う」の読み方

「憎み合う」の読み方は、「にくみあう」になります。



「憎み合う」の表現の使い方

「憎み合う」の表現の使い方を紹介します。

「憎み合う」の表現の使い方は、「二人以上の人たちが、お互いのことを不利益・不快をもたらす気に入らない相手として恨み合う(嫌い合う)場合」に使うという使い方になります。

例えば、「過去のあの一件があってから、あの二人は憎み合う仲になってしまいました」といった文章で使うことができます。

「憎み合う」を使った例文と意味を解釈

「憎み合う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「憎み合う」を使った例文1
  • 「憎み合う」を使った例文2

「憎み合う」を使った例文1

「憎み合っているあの二人を同じチームに配属してしまうと、言い争いばかりになって仕事にならないのです」

この「憎み合う」を使った例文は、「お互いの態度・言動が不愉快だと嫌い合っている(恨み合っている)あの二人」という意味合いで、「憎み合う」の表現を使用しています。

「憎み合う」を使った例文2

「憎み合うことが無益であることに気づいてから、私は人と殊更に対立して険悪な雰囲気になることが無くなりました」

この「憎み合う」を使った例文は、「憎み合う」という表現を、「お互いに相手のことを許しがたい(気に入らない)と感じて嫌い合うことが無益であることに気づいてから」という意味を持つ文脈で使っています。



「憎み合う」の類語や類義語

「憎み合う」の類語や類義語を紹介します。

  • 「嫌い合う」【きらいあう】
  • 「悪意を抱き合う」【あくいをいだきあう】

「嫌い合う」【きらいあう】

「憎み合う」という表現は、「二人以上の人が、お互いの言動・性格・態度などを不快に感じて嫌い合うこと」を意味しています。

その意味合いから、「憎み合う」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「嫌い合う」の表現を上げられます。

「悪意を抱き合う」【あくいをいだきあう】

「憎み合う」という言葉は、「お互いに相手のことを許しがたいと感じて、悪意を抱き合うこと」を意味しています。

「悪意を抱き合う」というのは、「お互いに相手に何らかの危害・不利益・不幸を与えてやろうと思っているさま」を意味する表現です。

この意味から、「悪意を抱き合う」の表現を、「憎み合う」と類似の意味を持っている類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「憎み合う」の表現には、「お互いのことを不快な相手(許せない相手)だと感じて嫌い合うこと」などの意味があります。

「憎み合う」の類語・類義語として、「嫌い合う」「悪意を抱き合う」などがあります。

「憎み合う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。