意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手もなく」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手もなく」という表現は「手もなく逃げている相手を追い詰めました」などの文章で使われますが、「手もなく」にはどのような意味があるのでしょうか?

「手もなく」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

手もなく

Meaning-Book
「手もなく」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手もなく」の意味
  • 「手もなく」の表現の使い方
  • 「手もなく」を使った例文と意味を解釈
  • 「手もなく」の類語や類義語


「手もなく」の意味

「手もなく」という慣用的な表現は、「時間・労力などのコストをかけることもなく、簡単に物事をやってしまうこと」「ほとんど手数をかけることなく、容易く(たやすく)攻略してしまうさま」を意味しています。

「手もなく」の慣用的な表現の「手」には、「仕事(作業)などに費やす手間・手数の負担」の意味合いがあります。

「手もなく」というのは、「仕事・物事・攻略などに手間や手数の負担(コスト)がかからなくて簡単なこと」を意味している表現なのです。

  • 「手もなく」の読み方

「手もなく」の読み方

「手もなく」の読み方は、「てもなく」になります。



「手もなく」の表現の使い方

「手もなく」の表現の使い方を紹介します。

「手もなく」の表現の使い方は、「何かをする場合に、労力・時間などの手間(負担)がかからないので、簡単(容易)なこと」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「彼女はいつも手もなく美味しい料理を作り上げるほどに、料理が手慣れています」などの文章で使うことができます。

「手もなく」を使った例文と意味を解釈

「手もなく」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手もなく」を使った例文1
  • 「手もなく」を使った例文2

「手もなく」を使った例文1

「私は話し上手なビジネスパーソン(営業員)から、手もなく説得されて高額商品をローンで買わされてしまいました」

この「手もなく」を使った例文は、「手間もかからず簡単に説得されて高額商品をローンで買わされた」という意味を持つ文章で、「手もなく」という表現を使っています。

「手もなく」を使った例文2

「圧倒的な物量を誇る敵の猛攻撃にさらされて、手もなく重要な拠点を奪われてしまいました」

この「手もなく」を使った例文は、「手もなく」という表現を、「なす術もなく容易に重要な拠点を奪われてしまった」という意味合いで使用しています。



「手もなく」の類語や類義語

「手もなく」の類語や類義語を紹介します。

  • 「容易く」【たやすく】
  • 「手間をかけずに」【てまをかけずに】

「容易く」【たやすく】

「容易く」という表現は、「難易度が低くて簡単にやってのけるさま」「苦労・負担・手間をかけずに簡単にできること」を意味しています。

その意味合いから、「物事に労力・時間のコストがかからず簡単に」という意味を持つ「手もなく」の類語(シソーラス)として、「容易く」の表現を指摘できます。

「手間をかけずに」【てまをかけずに】

「手もなく」という慣用的な表現は、「手間・手数をほとんどかけずに、簡単に物事・仕事をやってしまうこと」を意味しています。

この意味から、「手もなく」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「手間をかけずに」という表現を上げることができます。

icon まとめ

この記事で説明した「手もなく」の表現には、「時間・労力(手間)をかけずに簡単に、容易に」などの意味があります。

「手もなく」の類語・類義語として、「容易く」「手間をかけずに」などがあります。

「手もなく」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。