意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「戻れない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「戻れない」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「戻れない」という言葉の理解を深めていきましょう。

戻れない

Meaning-Book
「戻れない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「戻れない」の意味
  • 「戻れない」の表現の使い方
  • 「戻れない」を使った例文と意味を解釈
  • 「戻れない」の類語や類義語


「戻れない」の意味

「戻れない」とは、元にいた場所に帰ることができないことや、以前にあった状態に再び同じようになることはできないという意味になります。

  • 「戻れない」の読み方

「戻れない」の読み方

「戻れない」の読み方は、「もどれない」になります。



「戻れない」の表現の使い方

「戻れない」を使った表現を紹介します。

「戻れない」とは、ある場所から離れ、再びそこへ帰りたくても帰ることができないといった時や、以前の状態と同じようにはなれないという時に使う言葉です。

例えば「迷って、最初の公園に戻れない」などと言いますのは、初めにいた場所にもう一度帰りたいがそれが不可能であるという意味合いになります。

道に迷ってわからないという状況の時などによく使う言い方となります。

もう一つの意味合いとしては、以前の立場、状態に同じようにはなれないということです。

人間関係などがこじれますと「以前のようには戻れない」などと表現します。

これは以前のような仲のいい状態にはもう、なれないのだという意味なのです。

他には「どんなに説得されても、もう彼とは夫婦関係には戻れない」「自分から辞めると言った以上、会社には戻れない」「前みたいな仲には戻れない」などと使います。

「戻れない」を使った例文と意味を解釈

「戻れない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「戻れない」を使った例文1
  • 「戻れない」を使った例文2

「戻れない」を使った例文1

「隠されていた事実を知った以上、以前の私にはもう戻れない」

例文は、隠されていた事実を知らなかった時の自分の気持ちにはもうなれないと言っているのです。

つまり前の自分と今の自分は心境が違ってしまったということがわかります。

「戻れない」を使った例文2

「自分のワガママで家を出たのだから、今さら僕の方からは戻れない」

例文は、自分から関係性を壊した以上、今さら相手に歩み寄ることは不可能であるということを「戻れない」という言葉で言い表しています。



「戻れない」の類語や類義語

「戻れない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「手遅れ」【ておくれ】
  • 「やり直しができない」【やりなおしができない】

「手遅れ」【ておくれ】

「手遅れ」とは、チャンスやタイミングを逃してもう有効な手段がないことを言います。

「君は、今頃反省してももう手遅れだ、彼女は先月にここを去ってしまった」「病気で手遅れなどとならないように、定期的に検査をしている」「大事な書類をゴミに出してしまったのが昨日のことだから、もう手遅れだ」などと使います。

「やり直しができない」【やりなおしができない】

「やり直しができない」という言葉は、改めて同じことをする、し直すということが不可能な状態の時に使います。

「これは一枚しかないから、やり直しができないのだ」「ここまで、関係が悪いとなると、やり直しができないと思われる」「先生が帰ってしまったので、今日はやり直しができない」「一度、切ってしまったらもうやり直しができない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「戻れない」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。