意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内面化」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「内面化」という表現は「親や先生から教えられた価値観をいつの間にか内面化していきます」などの文章で使われますが、「内面化」にはどのような意味があるのでしょうか?

「内面化」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

内面化

Meaning-Book
「内面化」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「内面化」の意味
  • 「内面化」の表現の使い方
  • 「内面化」を使った例文と意味を解釈
  • 「内面化」の類語や類義語


「内面化」の意味

「内面化」という表現は、「社会の規範・価値観や他者の考え・習慣などを、自分の心の中(パーソナリティーの一部)に取り込んで自分のものにしてしまうこと」を意味している心理学用語(精神分析用語)の表現です。

「内面化」というのは、「自分の外側にある社会・他人の価値観やルールを、自分の内面世界(自我・心)に受け入れて自分のものにすること」を意味している表現です。

  • 「内面化」の読み方

「内面化」の読み方

「内面化」の読み方は、「ないめんか」になります。



「内面化」の表現の使い方

「内面化」の表現の使い方を紹介します。

「内面化」の表現の使い方は、「社会の規範・慣習や他者の考え・価値などを、自分の心の中に取り込んで自分のものにしてしまう場合」に使うという使い方になります。

例えば、「社会的なルールを内面化することは、大人になる成長の過程で必要なことです」といった文章で使えます。

「内面化」を使った例文と意味を解釈

「内面化」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「内面化」を使った例文1
  • 「内面化」を使った例文2

「内面化」を使った例文1

「小さな子供は精神発達のプロセスにおいて、両親の価値観や大人の考え方を内面化していきます」

この「内面化」を使った例文は、「内面化」の表現を、「両親の価値観や大人の考え方を自分の心の中へと受け入れました」という意味を持つ文脈で使用しています。

「内面化」を使った例文2

「私は長い社会人としての仕事と生活を通じて、社会一般の規範や尊敬する人の価値観を内面化しました」

この「内面化」を使った例文は、「社会一般の規範や尊敬する人の価値観を、自分のものとして内面(自我)に取り込みました」という意味合いで、「内面化」の表現を使っています。



「内面化」の類語や類義語

「内面化」の類語や類義語を紹介します。

  • 「内在化」【ないざいか】
  • 「環境適応」【かんきょうてきおう】

「内在化」【ないざいか】

「内在化」という精神分析・心理学の用語は、「社会の規範・習慣や他人の価値観・考えを、自分のパーソナリティー(自我)の内側に取り込んで自分のものにすること」を意味しています。

この意味合いから、「社会・他人の価値観や規範を自分の内側に取り込むこと」を示す「内面化」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「内在化」という表現を上げられます。

「環境適応」【かんきょうてきおう】

「内面化」という表現は、「自分の外にあるルールや習慣、考え方を、自分の心(内側)へと取り込んで(受け入れて)外部環境に適応すること」を意味しています。

その意味から、「環境適応」という表現を、「内面化」と近しい類似の意味を持っている類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で説明した「内面化」の表現には、「外(社会)にある価値観・習慣・ルール・表象(イメージ)などを、自分の内側に取り入れて自分のものにしてしまうこと」などの意味があります。

「内面化」の類語・類義語として、「内在化」「環境適応」などがあります。

「内面化」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。