意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「揺り起こす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「揺り起こす」という表現は「眠っている彼女を揺り起こすと、まだ眠たそうな顔をしていました」などの文章で使われますが、「揺り起こす」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「揺り起こす」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

揺り起こす

Meaning-Book
「揺り起こす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「揺り起こす」の意味
  • 「揺り起こす」の表現の使い方
  • 「揺り起こす」を使った例文と意味を解釈
  • 「揺り起こす」の類語や類義語


「揺り起こす」の意味

「揺り起こす」という表現は、「眠っている相手のからだを揺り動かして目を覚まさせること」を意味しています。

その意味から転じて、「揺り起こす」の言葉は「静かになっている情勢・相手の感情を刺激して動かすこと」という比喩的な意味合いも持っています。

  • 「揺り起こす」の読み方

「揺り起こす」の読み方

「揺り起こす」の読み方は、「ゆりおこす」になります。



「揺り起こす」の表現の使い方

「揺り起こす」の表現の使い方を紹介します。

「揺り起こす」の表現の使い方は、「相手のからだを揺さぶって起こす場合」「沈静している事態・感情を刺激して動かす時」に使うという使い方になります。

例えば、「隣で寝ている友達を揺り起こしました」「カリスマ的な宗教指導者の一言が信仰心を揺り起こしました」などの文章で使うことができます。

「揺り起こす」を使った例文と意味を解釈

「揺り起こす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「揺り起こす」を使った例文1
  • 「揺り起こす」を使った例文2

「揺り起こす」を使った例文1

「ベビーベッドの上で、すやすやと眠っている赤ちゃんを揺り起こすのはさすがに気が咎めました」

この「揺り起こす」を使った例文は、「すやすやと眠っている赤ちゃんのからだを揺すって起こすのは」という意味を持つ文脈で、「揺り起こす」という表現を使用しています。

「揺り起こす」を使った例文2

「目の覚めるような彼女の鋭い一言が、眠っていた私の勇気と情熱を揺り起こしてくれました」

この「揺り起こす」を使った例文は、「揺り起こす」という表現を、「眠っていた私の勇気と情熱を刺激して目覚めさせてくれた」という意味合いで使っています。



「揺り起こす」の類語や類義語

「揺り起こす」の類語や類義語を紹介します。

  • 「覚醒させる」【かくせいさせる】
  • 「感情を刺激する」【かんじょうをしげきする】

「覚醒させる」【かくせいさせる】

「覚醒させる」という表現は、「目覚めさせること・起こすこと」「物事に対する意識を高めさせること」を意味しています。

その意味合いから、相手のからだを揺さぶって目覚めさせることを示す「揺り起こす」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「覚醒させる」の表現を上げられます。

「感情を刺激する」【かんじょうをしげきする】

「揺り起こす」という表現は、「沈静化している相手の感情・気持ちを刺激して目覚めさせること」「感情・気持ちを揺さぶって動かすこと」を意味しています。

この意味から、「感情を刺激する」という表現は、「揺り起こす」の類義語として解釈できるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「揺り起こす」の表現には、「眠っている人の身体を揺さぶって目を覚まさせること」「沈静化している事態・感情を刺激して動かすこと」などの意味があります。

「揺り起こす」の類語・類義語として、「覚醒させる」「感情を刺激する」などがあります。

「揺り起こす」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。