意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明朗闊達」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「明朗闊達」という四字熟語は「あの人の長所は明朗闊達で、何事も根に持たないことです」などの文章で使われますが、「明朗闊達」にはどのような意味があるのでしょうか?

「明朗闊達」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

明朗闊達

Meaning-Book
「明朗闊達」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「明朗闊達」の意味
  • 「明朗闊達」の表現の使い方
  • 「明朗闊達」を使った例文と意味を解釈
  • 「明朗闊達」の類語や類義語


「明朗闊達」の意味

「明朗闊達」という四字熟語の表現は、「人柄が明るく朗らかで、心がとても広いさま」を意味しています。

「明朗闊達」「明朗」とは「気質・性格が明るく朗らかなさま」「闊達」とは「心が大きくて、細かい事にこだわらないさま」という意味合いを持っています。

  • 「明朗闊達」の読み方

「明朗闊達」の読み方

「明朗闊達」の読み方は、「めいろうかったつ」になります。



「明朗闊達」の表現の使い方

「明朗闊達」の表現の使い方を紹介します。

「明朗闊達」の四字熟語の使い方は、「その人の性格(人柄)が明るく朗らかで、細かいことにこだわらず心が広い場合」に使うという使い方になります。

例えば、「明朗闊達な人柄の人は、いつの間にか人が寄ってきて慕われることが多いのです」といった文章で、「明朗闊達」という四字熟語の表現を適切に使うことができます。

「明朗闊達」を使った例文と意味を解釈

「明朗闊達」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「明朗闊達」を使った例文1
  • 「明朗闊達」を使った例文2

「明朗闊達」を使った例文1

「彼は子供時代から明朗闊達な取っ付きやすい人として好かれていて、多くの仲間たちにいつも囲まれていました」

この「明朗闊達」を使った例文は、「彼は子供時代から明るく朗らか、寛大な性格の取っ付きやすい人として好かれていて」という意味合いで、「明朗闊達」という四字熟語を使っています。

「明朗闊達」を使った例文2

「明朗闊達なリーダーがいなければ、有象無象のこの集団を上手くまとめていくことはできなかったでしょう」

この「明朗闊達」を使った例文は、「明朗闊達」という表現を、「明るく朗らかで(人を寛容に包み込める)心の大きなリーダーがいなければ」という意味を持つ文脈で使用しています。



「明朗闊達」の類語や類義語

「明朗闊達」の類語や類義語を紹介します。

  • 「明朗快活」【めいろうかいかつ】
  • 「英朗闊達」【えいろうかったつ】

「明朗快活」【めいろうかいかつ】

「明朗快活」という四字熟語は、「人柄が明るく朗らかであり、溌剌(はつらつ)としていて活発なさま」を意味しています。

その意味合いから、「明るく朗らかで細かいことにこだわらないこと」を示す「明朗闊達」と類似した意味を持つ類語(シソーラス)として、「明朗快活」を指摘できます。

「英朗闊達」【えいろうかったつ】

「英朗闊達」という四字熟語は、「能力が優れていて人柄も朗らかであり、心が寛容で広いさま」を意味しています。

この意味から、「英朗闊達」という表現を、「性格が明るく朗らかで、心が大きいこと」を示す「明朗闊達」と良く似た意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「明朗闊達」の表現には、「性格が明るく朗らかで、寛容で心が大きいこと」などの意味があります。

「明朗闊達」の類語・類義語として、「明朗快活」「英朗闊達」などがあります。

「明朗闊達」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。