意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「波に乗る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「波に乗る」という表現は「波に乗っているので仕事がどんどん片付きます」などの文章で使われますが、「波に乗る」にはどのような意味があるのでしょうか?

「波に乗る」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

波に乗る

Meaning-Book
「波に乗る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「波に乗る」の意味
  • 「波に乗る」の表現の使い方
  • 「波に乗る」を使った例文と意味を解釈
  • 「波に乗る」の類語や類義語


「波に乗る」の意味

「波に乗る」という表現は、「時流に乗って栄えること・物事が順調で調子に乗ること」「時勢・状況に適応して物事がスムーズに展開すること」を意味しています。

「波に乗る」という言葉は、「サーフィンのように波の上に乗ってスイスイ滑ること」の意味から転じて、「物事が思い通りに進んで、調子(時流)に乗ること」の意味合いを持つようになったのです。

  • 「波に乗る」の読み方

「波に乗る」の読み方

「波に乗る」の読み方は、「なみにのる」になります。



「波に乗る」の表現の使い方

「波に乗る」の表現の使い方を紹介します。

「波に乗る」の表現の使い方は、「時勢に適応して栄えている時」「物事が順調に進んで調子に乗っている時」に使うという使い方になります。

例えば、「あの時期が一番、会社の経営が波に乗っていました」といった文章で使用することができます。

「波に乗る」を使った例文と意味を解釈

「波に乗る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「波に乗る」を使った例文1
  • 「波に乗る」を使った例文2

「波に乗る」を使った例文1

「波に乗っている時に、集中して勉強した方が成果が出やすいのです」

この「波に乗る」を使った例文は、「勉強が勢いに乗っている時に、集中して勉強した方が」という意味を持つ文脈で、「波に乗る」の表現を使っています。

「波に乗る」を使った例文2

「波に乗って売上・利益の規模が成長している会社の株は上がりやすい」

この「波に乗る」を使った例文は、「波に乗る」の表現を、「時流に合わせて成功し、売上・利益の規模が成長している会社の株」という意味合いで使用しています。



「波に乗る」の類語や類義語

「波に乗る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「勢いに乗る」【いきおいにのる】
  • 「我が世の春を謳歌する」【わがよのはるをおうかする】

「勢いに乗る」【いきおいにのる】

「波に乗る」という表現は、「時勢に合っていて栄えること」「自分の仕事・行動が上手くいっていて勢いに乗ること」を意味しています。

「勢いに乗る」とは、「思い通りに物事が進んで調子が良いこと」を示す言葉です。

その意味合いから、「波に乗る」と良く似た類語(シソーラス)として、「勢いに乗る」を上げられます。

「我が世の春を謳歌する」【わがよのはるをおうかする】

「我が世の春を謳歌する」という表現は、「すべての物事が自分の思い通りに動いていて、人生の絶頂期(ピーク)を存分に楽しむこと」を意味しています。

「波に乗る」は、「勢い・調子に乗っていて気分が良いさま」という意味合いを持っています。

これらの意味から、「我が世の春を謳歌する」という表現を、「波に乗る」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「波に乗る」の表現には、「時流に乗って栄えること」「物事が上手く進んで調子に乗ること」などの意味があります。

「波に乗る」の類語・類義語として、「勢いに乗る」「我が世の春を謳歌する」などがあります。

「波に乗る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。