意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手抜かり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手抜かり」という表現は「念入りに準備していたつもりでしたが、思わぬ手抜かりがありました」などの文章で使われますが、「手抜かり」はどのような意味を持っているのでしょうか?

「手抜かり」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

手抜かり

Meaning-Book
「手抜かり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手抜かり」の意味
  • 「手抜かり」の表現の使い方
  • 「手抜かり」を使った例文と意味を解釈
  • 「手抜かり」の類語や類義語


「手抜かり」の意味

「手抜かり」という表現は、「注意不足や見落としなどによって、しなければならないことをしていないこと」を意味しています。

「手抜かり」というのは、「何らかの仕事・物事をする上で、方法・手段・手続きなどに欠陥があること」を意味している表現なのです。

  • 「手抜かり」の読み方

「手抜かり」の読み方

「手抜かり」の読み方は、「てぬかり」になります。



「手抜かり」の表現の使い方

「手抜かり」の表現の使い方を紹介します。

「手抜かり」の表現の使い方は、「注意不足や責任感の欠如などによって、しなければならないことをしていない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「警備体制に手抜かりがあったせいで、敵の侵入を許してしまいました」などの文章で、「手抜かり」の表現を適切に使うことができます。

「手抜かり」を使った例文と意味を解釈

「手抜かり」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手抜かり」を使った例文1
  • 「手抜かり」を使った例文2

「手抜かり」を使った例文1

「この任務は失敗が許されないので、手抜かりがないように十分な注意が必要になります」

この「手抜かり」を使った例文は、「注意不足による問題・見落としがないように十分な注意が必要になる」という意味を持つ文脈で、「手抜かり」という表現を使用しています。

「手抜かり」を使った例文2

「私は安全管理体制の責任者として、仕事内容に手抜かりがあるかないかをチェックしなければなりません」

この「手抜かり」を使った例文は、「手抜かり」という表現を、「仕事内容に注意力・責任感が欠如しているための失策や不手際があるかないかをチェック」という意味合いで使っています。



「手抜かり」の類語や類義語

「手抜かり」の類語や類義語を紹介します。

  • 「手落ち」【ておち】
  • 「遺漏」【いろう】

「手落ち」【ておち】

「手落ち」という表現は、「ある仕事・物事を行う上で、方法や手続き、仕上げに欠陥があること」「注意が行き届いていなくて不十分な点があるさま」を意味しています。

それらの意味から、「注意力不足などで方法や手続きに失策(ミス)があること」を示す「手抜かり」の類語(シソーラス)として、「手落ち」の表現を上げられます。

「遺漏」【いろう】

「遺漏」という言葉は、「重要な部分に漏れ・抜けがあること」「重要・肝心なところが抜け落ちていること」を意味しています。

その意味から、「遺漏」という表現を、「注意力が不足していて漏れ・欠陥があること」を示す「手抜かり」という表現の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「手抜かり」の表現には、「注意力・懸念の不足などによって、しなければならないことを十分にできていないこと」などの意味があります。

「手抜かり」の類語・類義語として、「手落ち」「遺漏」などがあります。

「手抜かり」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。