意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「惑わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「惑わせる」という表現は「その友人はいつも、私の気持ちを惑わせるようなことばかり言ってきます」などの文章で使われますが、「惑わせる」にはどのような意味があるのでしょうか?

「惑わせる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

惑わせる

Meaning-Book
「惑わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「惑わせる」の意味
  • 「惑わせる」の表現の使い方
  • 「惑わせる」を使った例文と意味を解釈
  • 「惑わせる」の類語や類義語


「惑わせる」の意味

「惑わせる」という表現は、「人の気持ち・判断・思考などを迷わせたり混乱させたりすること」を意味しています。

「惑わせる」という言葉には、「人の判断を迷わせてだますこと」「紛らわしい物言いをして人を欺く(あざむく)こと」といった意味合いもあります。

  • 「惑わせる」の読み方

「惑わせる」の読み方

「惑わせる」の読み方は、「まどわせる」になります。



「惑わせる」の表現の使い方

「惑わせる」の表現の使い方を紹介します。

「惑わせる」の表現の使い方は、「人の判断・気持ちなどを乱して迷わせる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼の虚言に惑わされてばかりいます」といった文章で使えます。

また「惑わせる」の表現には、「相手を虚偽・紛らわしい言動でだます時(あざむく時)」に使うという使い方もあります。

「惑わせる」を使った例文と意味を解釈

「惑わせる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「惑わせる」を使った例文1
  • 「惑わせる」を使った例文2

「惑わせる」を使った例文1

「あなたの思わせぶりな態度が、純粋な彼の気持ちを惑わせているのです」

この「惑わせる」を使った例文は、「惑わせる」という表現を、「純粋な彼の気持ちを迷わせて混乱させている」の意味を持つ文章で使用しています。

「惑わせる」を使った例文2

「私は単純なところがあるので、見え透いたお世辞やご追従に惑わせられてしまいます」

この「惑わせる」を使った例文は、「見え透いたお世辞やご追従にだまされてしまう」という意味合いで、「惑わせる」の表現を使っています。



「惑わせる」の類語や類義語

「惑わせる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「混乱させる」【こんらんさせる】
  • 「騙し込む」【だましこむ】

「混乱させる」【こんらんさせる】

「惑わせる」という表現は、「甘言や勧誘、魅了などで、人の判断・思考・気持ちを迷わせて混乱させること」を意味しています。

「混乱させる」というのは、「思考・判断の筋道や冷静な姿勢を失わせること」を意味する言葉です。

これらの意味から、「惑わせる」とよく似た類語として、「混乱させる」の表現を上げられます。

「騙し込む」【だましこむ】

「騙し込む」という表現は、「相手を巧みな言葉・虚言・誘導などで、すっかり欺いて信じ込ませること」を意味しています。

「惑わせる」とは、「相手を上手い言葉や魅力的な外観などで騙すこと」を意味している言葉です。

その意味合いから、「騙し込む」という表現は、「惑わせる」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「惑わせる」の表現には、「人の思考・気持ちを迷わせて混乱させること」「巧みな言葉・魅力的な態度で騙すこと」などの意味があります。

「惑わせる」の類語・類義語として、「混乱させる」「騙し込む」などがあります。

「惑わせる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。