意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「要領が良い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「要領が良い」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「要領が良い」という言葉の理解を深めていきましょう。

要領が良い

Meaning-Book
「要領が良い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「要領が良い」の意味
  • 「要領が良い」の表現の使い方
  • 「要領が良い」を使った例文と意味を解釈
  • 「要領が良い」の類語や類義語


「要領が良い」の意味

「要領が良い」とは、物事をするに当たって、手際が良く、上手くこなせるという意味と、社会や人付き合いにおいて上手く立ち回り自分が損をしないようにすることが上手いという意味があります。

  • 「要領が良い」の読み方

「要領が良い」の読み方

「要領が良い」の読み方は、「ようりょうがよい」になります。



「要領が良い」の表現の使い方

「要領が良い」を使った表現を紹介します。

「要領が良い」とは二通りの意味合いがあります。

一つは、物事をするに当たって、手際良くできることを言います。

「彼女の手つきは要領が良い」などと言いますのはその意味合いとなります。

「要領が良いので、短時間でできる」「彼の作り方は要領が良いから、みんなも真似するといい」などと使います。

一方で、もう一つの意味合いとしては、上手に立ち回ることができるというものがあります。

これはいい意味合い、悪い意味合いとどちらにも使えますが、人に対して使うならば悪い意味として使うことが多い印象です。

「彼女は要領が良いから、上に気に入られている」「要領が良い人は何かと得をする」などと言いますのは、どこか皮肉めいたニュアンスが含まれています。

「要領が良い」を使った例文と意味を解釈

「要領が良い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「要領が良い」を使った例文1
  • 「要領が良い」を使った例文2

「要領が良い」を使った例文1

「後輩に任せたなんて言って、押し付けただけだろう。君は本当に要領が良いな」

この世の中を上手く立ち回ること、またその方法を身に着けていることを「要領が良い」と言います。

例文のように仕事など人に任せたというと聞こえはいいのですが、実際は自分がすべきことを人に押し付けただけなのです。

そのような言動を「要領が良い」と言います。

「要領が良い」を使った例文2

「彼女のやり方は、要領が良いから、他の人よりも沢山作品ができる」

物事をするに当たって、順序などが無駄がなく、また手際も良いことを「要領が良い」と言います。

仕事や作業など「要領が良い」と沢山の量がこなせるということを例文は言い表しているのです。



「要領が良い」の類語や類義語

「要領が良い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「世渡り上手」【よわたりじょうず】
  • 「そつがない」

「世渡り上手」【よわたりじょうず】

「世渡り上手」とは、この世の中で生活をしたり、仕事をする時に、周りと上手くやっていく術を身に着けていたり、良い方法を知っていることを言います。

「彼女は世渡り上手だから、心配いらない」「世渡り上手な人に僕の気持ちはわからない」などと使います。

「そつがない」

「そつがない」とは抜け目がないこと、無駄がない、手落ちがないという意味になります。

「そつがない返しをしている」「彼はやることにそつがないので安心だ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「要領が良い」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。