意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「強く戒める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

小説や物語の中で「強く戒める」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

強く戒める

Meaning-Book
「強く戒める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「強く戒める」の意味
  • 「強く戒める」の表現の使い方
  • 「強く戒める」を使った例文と意味を解釈
  • 「強く戒める」の類語や類義語


「強く戒める」の意味

「強く戒める」の意味は以下の2つです。

1つ目は「相手の良くない言動に対して厳しく警告すること」という意味で、相手が悪い行いをした時に、大声で怒鳴ったりして厳しく叱ることを言います。

2つ目は「相手の良くない行動に対して忠告または助言をすること」という意味で、相手が二度と過ちを犯さない様に、どの様にするべきか、してはいいことやいけないことなども含めて言いきかせることを言います。

  • 「強く戒める」の読み方
  • 「強く戒める」を分解して解釈

「強く戒める」の読み方

「強く戒める」の読み方は、「つよくいましめる」になります。

「戒める」「いさめる(諌める)」と読み間違わない様にしましょう。

「強く戒める」を分解して解釈

「強く戒める」「強く+戒める」で成り立っています。

「強く」は動詞「強い」の変化形で、「力や技が優れていること」「健康なこと」「ものごとに屈しないこと」という意味の他に「断固として厳しい様子」という意味があります。

「戒める」「よくない事態やまちがいが起きない様に、気持ちを引き締めること」「仏教徒として守らなければいけない掟を浸透させる」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「断固として厳しい態度で良くないことが起きない様にすること」という意味で使われています。



「強く戒める」の表現の使い方

「強く戒める」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 怒るだけではない

文法的な使い方

「強く戒める」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞形は「強く戒めて」になり、受け身形として「強く戒められる」と使うこともあります。

怒るだけではない

「戒める」は、「警告する」という意味もあります。

怒るだけではなく、悪いことが起きない様に「こうしなさい」というアドバイスも含まれます。

「強く戒める」を使った例文と意味を解釈

「強く戒める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「強く戒める」を使った例文1
  • 「強く戒める」を使った例文2

「強く戒める」を使った例文1

「メールの誤送信をした部下を強く戒めた」

重要なメールを社外に誤送信した部下に対して、二度としない様にと厳しく注意したことを表しています。

「強く戒める」を使った例文2

「小さなミスから大きなトラブルに発展した為に、全員に対して強く戒めた」

うっかりミスから売上げに影響が出かねないトラブルに発展した為に、社員全員に対して注意喚起をしたことを表しています。



「強く戒める」の類語や類義語

「強く戒める」の類語や類義語を紹介します。

  • 「厳しく諭す」【しっかりさとす】
  • 「厳重に注意する」【げんじゅうにちゅういする】

「厳しく諭す」【しっかりさとす】

「ものごとの道理をしっかり言いかせて、理解する許さないこと」という意味です。

「厳重に注意する」【げんじゅうにちゅういする】

「二度と同じことをしない様にきつく説教すること」という意味です。

icon まとめ

「強く戒める」「相手の良くない言動に対して厳しく警告すること」「相手の良くない行動に対して忠告または助言をすること」という意味があります。

人や自分が悪いことをして、厳しく注意したりされたりした時に使いましょう。