意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遠からず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「遠からず」という表現は「私たちは遠からず、実地調査のために海外を訪問する計画を立てていました」などの文章で使われますが、「遠からず」にはどのような意味があるのでしょうか?

「遠からず」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

遠からず

Meaning-Book
「遠からず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「遠からず」の意味
  • 「遠からず」の表現の使い方
  • 「遠からず」を使った例文と意味を解釈
  • 「遠からず」の類語や類義語


「遠からず」の意味

「遠からず」という表現は、「そう遠くはない近い将来に」「近いうちに・間もなく・ほどなく」ということを意味しています。

「遠からず」というのは、「それほど時間(日にち)を開けずに、ある物事・行動が実現すると判断できるさま」を意味している表現なのです。

  • 「遠からず」の読み方

「遠からず」の読み方

「遠からず」の読み方は、「とおからず」になります。



「遠からず」の表現の使い方

「遠からず」の表現の使い方を紹介します。

「遠からず」の表現の使い方は、「それほどの時を経ずに、ある物事・事柄が実現するであろうと予測できる時」に、「近いうちに・間もなく」の意味で使うという使い方になります。

例えば、「私は遠からずこの職場をやめて、新しい仕事を探すことになるでしょう」といった文章で、「遠からず」の表現を使うことができます。

「遠からず」を使った例文と意味を解釈

「遠からず」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「遠からず」を使った例文1
  • 「遠からず」を使った例文2

「遠からず」を使った例文1

「彼は医師として修行を積んで成長してから、遠からずこの病院にもう一度戻ってきてくれると思います」

この「遠からず」を使った例文は、「それほどの期間を開けず近いうちに、この病院にもう一度戻ってきてくれると思う」という意味で、「遠からず」の表現を使っています。

「遠からず」を使った例文2

「私の父はがんのステージがかなり進んでいるので、遠からずこの世を去る可能性があります」

この「遠からず」を使った例文は、「遠からず」という表現を、「そんなに日にちを待たずに近いうちに、(私の父は)この世を去る可能性がある」という意味を持つ文脈で使用しています。



「遠からず」の類語や類義語

「遠からず」の類語や類義語を紹介します。

  • 「近い将来」【ちかいしょうらい】
  • 「間もなく」【まもなく】

「近い将来」【ちかいしょうらい】

「遠からず」という表現は、「長い時間を開けず近い将来に」「それほどの期間を待たずしてまもなく」ということを意味しています。

その意味合いから、「遠からず」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「近い将来」を指摘することができます。

「間もなく」【まもなく】

「遠からず」という言葉は、「そんなに長い時間(月日)を経ずに、間もなく」ということを意味しています。

「間もなく」という言葉の意味は、「時間を開けずにすぐに・近いうちにすぐ」になります。

これらの意味から、「間もなく」を、「近いうちに間もなく」を意味する「遠からず」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「遠からず」の表現には、「それほどの時間(期間)を開けずに間もなく、近いうちに」などの意味があります。

「遠からず」の類語・類義語として、「近い将来」「間もなく」などがあります。

「遠からず」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。