意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「と言いつつも」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「と言いつつも」という表現は「試験に落ちても構わないと言いつつも、彼は勉強を継続していました」などの文章で使われますが、「と言いつつも」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「と言いつつも」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

と言いつつも

Meaning-Book
「と言いつつも」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「と言いつつも」の意味
  • 「と言いつつも」の表現の使い方
  • 「と言いつつも」を使った例文と意味を解釈
  • 「と言いつつも」の類語や類義語


「と言いつつも」の意味

「と言いつつも」という表現は、「~とは言っているものの」「~と言っているが実際には(~と言ってはいるが反対に)」ということを意味しています。

「と言いつつも」というのは、「前にある発言を受けるため」に使われる言葉になっています。

「と言いつつも」の表現には、「やらないと言いつつも、実際にはやっていました」のように「前の発言とは逆の内容を伝える」「前の発言に新たな条件を付け加える」といった働きがあるのです。

  • 「と言いつつも」の読み方

「と言いつつも」の読み方

「と言いつつも」の読み方は、「といいつつも」になります。



「と言いつつも」の表現の使い方

「と言いつつも」の表現の使い方を紹介します。

「と言いつつも」の表現の使い方は、「~とは言っているものの実際には」「~と言っているが反対に」という意味合いで使うという使い方になります。

「と言いつつも」の表現は、「その前にある発言を受ける形」で使用されることが多く、「前の発言とは逆のことを述べる場合」「前の発言に条件を加える場合」に使われているのです。

「と言いつつも」を使った例文と意味を解釈

「と言いつつも」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「と言いつつも」を使った例文1
  • 「と言いつつも」を使った例文2

「と言いつつも」を使った例文1

「仕事なんて馬鹿らしいと言いつつも、彼はいつも率先して自分の仕事をこなしていました」

この「と言いつつも」を使った例文は、「と言いつつも」の表現を、「仕事なんて馬鹿らしいとは言いながらも~」という意味を持つ文章で使っています。

「と言いつつも」を使った例文2

「近いうちに結婚すると言いつつも、彼氏が具体的な結婚に向けた行動を始める様子はありませんでした」

この「と言いつつも」を使った例文は、「近いうちに結婚すると言葉で言ってはいましたが~」という意味合いで、「と言いつつも」の表現を使用しています。



「と言いつつも」の類語や類義語

「と言いつつも」の類語や類義語を紹介します。

  • 「とは言うものの」【とはいうものの】
  • 「と言いながらも実は」【といいながらもじつは】

「とは言うものの」【とはいうものの】

「と言いつつも」という表現は、「~とは言うものの実際には(~と言っている内容とは違っていて)」の意味合いを持っています。

その意味合いから、「と言いつつも」とほとんど同じような意味・働きを持つ類語(シソーラス)として、「とは言うものの」という表現を上げられます。

「と言いながらも実は」【といいながらもじつは】

「と言いつつも」という表現は、「~と言いながらも実は(~と言いながらも実際には反対である)」ということを意味しています。

この意味から、「と言いながらも実は」という表現を、「と言いつつも」とよく似た意味・働きを持っている類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「と言いつつも」の表現には、「~と言いながらも・~と言っているものの実際には」などの意味があります。

「と言いつつも」の類語・類義語として、「とは言うものの」「と言いながらも実は」などがあります。

「と言いつつも」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。