意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不注意」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「不注意」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

不注意

Meaning-Book
「不注意」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「不注意」の意味
  • 「不注意」の表現の使い方
  • 「不注意」を使った例文と意味を解釈
  • 「不注意」の類語や類義語


「不注意」の意味

「不注意」の意味は以下の2つです。

1つ目は「あるものごとに対して気を付ける様に深く考えないこと」という意味で、行動に移す前に、するべきことやそうでないことなどをしっかりと考えない性質のことを言います。

2つ目は「注意が足りないことで事故や事件、問題の原因になること」という意味で、ついうっかりして大きなトラブルを引き起こしてしまった時の「理由」を表します。

  • 「不注意」の読み方
  • 「不注意」を分解して解釈

「不注意」の読み方

「不注意」の読み方は、「ふちゅうい」になります。

「ぶちゅうい」と読み間違わない様にしましょう。

「不注意」を分解して解釈

「不注意」「不+注意」で成り立っています。

「不」は接頭語として使われ、「~でない」「~しない」「~がない」「~が悪い」という意味があります。

「注意」「気を付けること」「悪いことが起きない様に用心すること」「人に対して気をつける様に言うこと」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり、「気を付けない」「悪いことが起きない様に用心しない」という意味で使われています。



「不注意」の表現の使い方

「不注意」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「不注意」と「不用意」の違い

文法的な使い方

「不注意」は名詞・形容動詞ですので、文末に使う時には「不注意だ・である」となります。

「注意」の場合は「注意する・した」になりますが、「不注意」の場合は「不注意する・した」にはなりません。

「不注意」と「不用意」の違い

「不注意」と似た意味の言葉に「不用意」があります。

「不注意」は、「そのものごとに対する気配りがないこと」という意味で、「ついうっかり気持ちが抜けてしまう時」の表現です。

「不用意」は、「準備が整っていないこと」から転じて「注意や配慮が足りないこと」という意味で使われ、 「心の準備ができない言動」というニュアンスがあります。

「不注意」を使った例文と意味を解釈

「不注意」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「不注意」を使った例文1
  • 「不注意」を使った例文2

「不注意」を使った例文1

「不注意により思わぬミスを犯し、大問題になってしまった」

仕事で、ついうっかり間違えたことが大きなトラブルにつながってしまったことを表しています。

「不注意」を使った例文2

「これらの事故は全て不注意からくる人災と言える」

大きな事故が起きたのですが、原因は人が軽はずみな行動をした為であり、人災であることを表しています。



「不注意」の類語や類義語

「不注意」の類語や類義語を紹介します。

  • 「そそっかしい」【そそっかしい】
  • 「軽率」【けいそつ】

「そそっかしい」【そそっかしい】

「態度や話し方に落ち着きがなく、失敗をしがちな性格のこと」という意味です。

「軽率」【けいそつ】

「ものごとを簡単に考えてすぐに行動してしまうこと」という意味です。

icon まとめ

「不注意」「あるものごとに対して気を付ける様に深く考えないこと」「注意が足りないことで事故や事件、問題の原因になること」という意味があります。

ビジネスで使われることが多いので覚えておきましょう。