意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マイナス面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは日頃の会話の中で、色々なキーワードや流行語を駆使しながら、周りの人々とコミュニケーションを図っているかと思います。

その中で、カタカナ語を含めた言葉も盛り込んで会話をされていることでしょうが、「マイナス面」という言葉について、どのように感じられるでしょうか?

今回は、この言葉について考えていきたいと思います。

マイナス面

Meaning-Book
「マイナス面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「マイナス面」とは?意味
  • 「マイナス面」の表現の使い方
  • 「マイナス面」を使った例文と意味を解釈
  • 「マイナス面」の類語や類義語


「マイナス面」とは?意味

「マイナス面」とは「物事の良くない要因のこと」「完全ではなく不十分な点」「不足している部分」という意味があります。



「マイナス面」の表現の使い方

「マイナス面」「完全ではなく不十分な点」というような意味がありますので、物事の評価をしたり、観察する時に、そのものに対する長所(プラス面)と合わせて、劣っている点や短所を「マイナス面」として表現することがあります。

「マイナス面」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「マイナス面」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「マイナス面」を使った例文1
  • 「マイナス面」を使った例文2

「マイナス面」を使った例文1

「インターネットが普及し、テレビの視聴者がかなり減ってきたのですが、必ずしもマイナス面ばかりがあるわけではない」

インターネットが普及して自分の欲しい情報を即座に手に入れることや、様々な動画コンテンツを視聴することができるようになりました。

その結果、テレビの視聴者がかなり減少しているのですが、ニュースや災害の情報をリアルに確認したり、娯楽での楽しみ方も考えると、決して「マイナス面」ばかりではないと思います。

「マイナス面」を使った例文2

「力によって、リーダーシップを発揮することは、確かにマイナス面もあるのだが、必要不可欠な時もある」

リーダーたる者は多くの人々の信頼を得て公平な立場で物事を進めていかなければなりません。

しかし、時代の黎明期においては、力によるリーダーシップを発揮していくことが必要な場合もあります。

力による指導は「マイナス面」が多いのですが、時としてこのようなことが望まれることもあります。



「マイナス面」の類語や類義語

「マイナス面」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような類義語があるかを見ていくことにします。

  • 「ネガティブな要因」【ねがてぃぶなよういん】
  • 「デメリット」【でめりっと】

「ネガティブな要因」【ねがてぃぶなよういん】

「ネガティブな要因」「マイナス面」と同じような意味を持つ言葉として使うことができます。

「否定的な要因」「悪い要因」というような意味で使われています。

物事を円滑に進めるためには、「ネガティブな要因」を取り除くことが必要ですが、そのような時に出てくるキーワードです。

「デメリット」【でめりっと】

「デメリット」もよく使われている言葉ですが、「欠陥がある」、あるいは「不適当であるという特質」という意味を持っています。

icon まとめ

「マイナス面」という言葉は、ビジネスシーンでよく耳にする機会があると思います。

それだけに身近な言葉でもあるので、ここでしっかりと理解を深めて適切に使いこなせるようにしておきましょう。