意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取って代わる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「取って代わる」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

取って代わる

Meaning-Book
「取って代わる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取って代わる」の意味
  • 「取って代わる」の表現の使い方
  • 「取って代わる」を使った例文と意味を解釈
  • 「取って代わる」の類語や類義語


「取って代わる」の意味

「取って代わる」の意味は、「ある人やものに代わり、その地位についたり場所に収まること」です。

今までその地位にいた人を押しのけて自分がその地位についたり、その場所にあったものをどけて違うものを置くことを言います。

基本的に勢いや力を持った人が、それまでの体制をくつがえそうと行動を起こす時の表現です。

  • 「取って代わる」の読み方
  • 「取って代わる」を分解して解釈

「取って代わる」の読み方

「取って代わる」の読み方は、「とってかわる」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「取って代わる」を分解して解釈

「取って代わる」「取って+代わる」で成り立っています。

「取って」は動詞「取る」の連用形「取り」が促音化したものに接続助詞「て」が付いた言葉で、「相手から貰う」「没収する」「あるものが退いた後に入る」「交換される」「没収する」「引き受ける」など、総じて「様々な手段で自分のものにする」という意味があります。

「代わる」「あるものが退いた後に入る」「交換される」「ある役割を他のものがする」という意味があります。

これらの言葉が組合わさり「色々な手段である地位や役割、場所を得ること」として使われています。



「取って代わる」の表現の使い方

「取って代わる」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「取って代わる」と「代わる」の使い分け

文法的な使い方

「取って代わる」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「取って代わり」になります。

「取って代わる」と「代わる」の使い分け

「取って代わる」と似た言葉に「代わる」があります。

「取って代わる」は、単に交代するのではなく、「優位な地位や場所を誰かに代わり占めること」を言います。

「代わる」には優劣などの意味はありません。

「取って代わる」を使った例文と意味を解釈

「取って代わる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「取って代わる」を使った例文1
  • 「取って代わる」を使った例文2

「取って代わる」を使った例文1

「既にAIが人間に取って代わる時代になっている」

AIを利用して今まで人がしていた仕事をこなせる時代になっていることを表しています。

「取って代わる」を使った例文2

「彼は前社長に取って代わり経営を取り仕切ることになった」

力量不足の社長を押しのけて社長に就任し、経営を行うことになったと言っています。



「取って代わる」の類語や類義語

「取って代わる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「座を奪う」【ざをうばう】
  • 「乗っ取る」【のっとる】

「座を奪う」【ざをうばう】

「高い地位にいる前任者を排除して自分がその地位につくこと」という意味です。

「乗っ取る」【のっとる】

「地位や権利を攻めたりだましたりして奪い自分のものにすること」という意味です。

icon まとめ

「取って代わる」「ある人やものに代わり、その地位についたり場所に収まること」という意味です。

様々な手段を使って地位を手に入れた時に使いましょう。