意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「来週末」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「来週末」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「来週末」という言葉の理解を深めていきましょう。

来週末

Meaning-Book
「来週末」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「来週末」の意味
  • 「来週末」の表現の使い方
  • 「来週末」を使った例文と意味を解釈
  • 「来週末」の類語や類義語


「来週末」の意味

「来週末」とは、一週間先の土日を言います。

  • 「来週末」の読み方

「来週末」の読み方

「来週末」の読み方は、「らいしゅうまつ」になります。



「来週末」の表現の使い方

「来週末」を使った表現を紹介します。

「来週末」「週末」とは何かと言いますと、通常は土日のことをそう表現します。

場合によっては金曜日を「週末」と言うこともあるでしょう。

金曜日の夜のことも「週末の夜」などと表現してもそれほど不自然ではありません。

そして「来」なのですが、これは時などを表す言葉の上につけますと「次の」「来たる」といった意味になります。

つまり「来週末」とは「次の週末」ということになりますので、一週間先の、来週の、週末という言葉となるわけです。

「来週末」とは、一週間後の、金曜日、土曜日、日曜日のいずれかといった感じでとらえるといいでしょう。

「来週末はゴルフの予定が入っている」「飲み会は明日じゃなくて、来週末だよ」「今週の土曜日じゃなくて、来週末の土曜日にしよう」などと使います。

「来週末」を使った例文と意味を解釈

「来週末」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「来週末」を使った例文1
  • 「来週末」を使った例文2

「来週末」を使った例文1

「週末はまだ肌寒いみたいだし、ピクニックは来週末あたりにしようか」

来週の週末ということを「来週末」と言います。

例文は今週の土日はまだ寒いから、ピクニックをするのは来週の土日あたりにしようと言っているのです。

「来週末」を使った例文2

「私は来週末は休みがとれるかわからないから、なるべく今週中に予定を入れておきたい」

「来週末」とは一週間後の金曜日から日曜日のことを言い表す言葉です。

きっかり一週間後とか、ある特定の曜日を言うわけではありません。

例文は来週の金曜日から日曜日にかけて休めるかどうかわからないと言っているのです。



「来週末」の類語や類義語

「来週末」の類語や類義語を紹介します。

  • 「来週の土日」【らいしゅうのどにち】
  • 「一週間後の週末」【いっしゅうかんごのしゅうまつ】

「来週の土日」【らいしゅうのどにち】

「来週の土日」とは、次の週の土日という意味になります。

「来週の土日は天気は大丈夫だろうか」「来週の土日は旅行の予定だ」「今日はまだ月曜日だから、来週の土日といったら10日以上も先のことじゃないか」などと使います。

「一週間後の週末」【いっしゅうかんごのしゅうまつ】

「一週間後の週末」とは、今週ではなく、次の週の金曜日から日曜日のことを言い表す言い方となります。

はっきりと曜日が決まっていない時は「週末」という言葉を使うと便利なのです。

「一週間後の週末のどこかで車の掃除をしたい」「一週間後の週末あたりに実家に帰るか」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「来週末」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。