意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「理不尽に怒られる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「理不尽に怒られる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「理不尽に怒られる」という言葉の理解を深めていきましょう。

理不尽に怒られる

Meaning-Book
「理不尽に怒られる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「理不尽に怒られる」の意味
  • 「理不尽に怒られる」の表現の使い方
  • 「理不尽に怒られる」を使った例文と意味を解釈
  • 「理不尽に怒られる」の類語や類義語


「理不尽に怒られる」の意味

「理不尽に怒られる」とは物事の筋道が通らないことで相手から叱られることを言います。

  • 「理不尽に怒られる」の読み方

「理不尽に怒られる」の読み方

「理不尽に怒られる」の読み方は、「りふじんにおこられる」になります。



「理不尽に怒られる」の表現の使い方

「理不尽に怒られる」を使った表現を紹介します。

「理不尽に怒られる」「理不尽」とは物事の筋道が通らない、道理に合わないといった意味になります。

「怒られる」とは相手から叱られること、立腹されることを言います。

つまり「理不尽に怒られる」とは道理に合わないことを言われて、叱られるといった時に使う言葉なのです。

簡単に言えば自分のせいではないことで責められる、自分は何もしていないのに叱られるといったことになります。

「今日も上司から理不尽に怒られる」「理不尽に怒られることばかりで嫌になる」「仕事とは言え、そこまで理不尽に怒られるのはちょっとおかしいのではないか」などと使います。

「理不尽に怒られる」を使った例文と意味を解釈

「理不尽に怒られる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「理不尽に怒られる」を使った例文1
  • 「理不尽に怒られる」を使った例文2

「理不尽に怒られる」を使った例文1

「こんな風に、理不尽に怒られることが続くなら、録音する必要がある、これはパワハラだ」

「理不尽に怒られる」とは、筋が通らないことで相手から怒りをぶつけられることを言います。

つまり自分に非がないのに相手から叱られるわけです。

例文のようにそのような言動が続くならば、それはハラスメントであるということになります。

「理不尽に怒られる」を使った例文2

「子供の頃からずっと理不尽に怒られるばかりだった、今さら親の介護などしたくない」

「理不尽に怒られる」とは自分が悪くないのに怒られる、納得できない理由で怒られるといったことを意味しています。

例文のように「理不尽に怒られる」ことばかりであれば、健全な信頼関係が築けないのも仕方がないことと言えるでしょう。



「理不尽に怒られる」の類語や類義語

「理不尽に怒られる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「問答無用に怒られる」【もんどうむようにおこられる】
  • 「有無を言わさず叱る」【うむをいわさずしかる】

「問答無用に怒られる」【もんどうむようにおこられる】

「問答無用に怒られる」とは、話し合っても無駄だという決めつけのもと怒られることを言います。

「いつだって、私は問答無用に怒られるだけなので、あの人には近づきたくない」などと使います。

「有無を言わさず叱る」【うむをいわさずしかる】

「有無を言わさず叱る」とは、相手の言い分も聞かず、無理やりに怒りをぶつけたり、怒ることを言います。

「母はいつだって有無を言わさず叱るだけだった」「有無を言わさず叱るようなことをしていたから、みんな離れていったのですよ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「理不尽に怒られる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。