意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「等間隔」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「等間隔」は、色々な場面で使うことがある言葉です。

等間隔

Meaning-Book
「等間隔」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「等間隔」の意味とは?
  • 「等間隔」の表現の使い方
  • 「等間隔」を使った例文と意味を解釈
  • 「等間隔」の類語や類義語


「等間隔」の意味とは?

「等間隔」は、「等しい間隔」という意味で使われます。

このように何か設置する、穴を開けるなどと使われる表現で、ビジネスでもよく用いられています。

例えば、会議室の座席をそのように並べて欲しいなどという使い方がいい例になります。

具体的な間隔については触れていない言葉なので、それは別に指定する必要があり、既にいくつかがそのようになっている状態に対して続けて同様にと使われる場合も多い言葉です。

  • 「等間隔」の読み方

「等間隔」の読み方

「等間隔」の読み方は、「とうかんかく」になります。

意味となる「等しい間隔」を縮めた言葉だと考えると分かりやすいでしょう。

読み方については特に問題はないと思いますが、筆記の際に「間隔」「感覚」としないように注意してください。



「等間隔」の表現の使い方

「等間隔」の表現の使い方を紹介します。

この言葉は先のように、何かをそのように配置するような場合、またはそういった並びになっているなどと表現する為に用います。

「等しい」としていますが、どこまでそれに近いのかはケースバイケースで、1センチや2センチ程度の狂いは許容範囲ということもあれば、ミリ単位で等しくないといけないような場合もあります。

「等間隔」を使った例文と意味を解釈

「等間隔」を使った例文と、その意味の解釈です。

難しい言葉ではないので、解釈に困ることはないでしょう。

  • 「等間隔」を使った例文1
  • 「等間隔」を使った例文2

「等間隔」を使った例文1

「米作りは、まず苗を等間隔に植えていくことからだ」

苗を等間隔で植えるのは、田植えの基本中の基本だと言えます。

大きな田んぼでは機械で一気に植えてしまうことが多いですが、そこまで厳密に等間隔という訳ではなく、数センチ程度の誤差はあまり気にしていないことがほとんどです。

「等間隔」を使った例文2

「この紙を等間隔で三等分して欲しい」

紙の大きさにもよりますが、A4程度の大きさであれば、ミリ単位まで要求されていると考えていいでしょう。

図面の製作時なども同様で、特にサイズなどの指示が無い場合、対象のスケールによってどれくらいの正確さが必要なのか変わると考えていいでしょう。



「等間隔」の類語や類義語

「等間隔」の類語や類義語を紹介します。

こちらでも意味は一緒ですが、あまり使われない言葉です。

  • 「同間隔」【どうかんかく】

「同間隔」【どうかんかく】

こちらは「同じ間隔」が縮まった言葉だと解釈でき、「等間隔」と同じ意味になります。

先のように、「等間隔」と比較するとそれほど見聞きしない表現ですが、一部のビジネスソフトでは対象をそのようにするというコマンドが用意されています。

icon まとめ

「等間隔」は、使われる対象によってどこまで精度が求められるか変わるという性質がある言葉だと言えるでしょう。

もちろんきちんとしたし知恵がある場合には、その限りではありません。