意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「的確な指導」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「的確な指導」という表現は「コーチの的確な指導のお陰で成績が上がりました」などの文章で使われますが、「的確な指導」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「的確な指導」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

的確な指導

Meaning-Book
「的確な指導」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「的確な指導」の意味
  • 「的確な指導」の表現の使い方
  • 「的確な指導」を使った例文と意味を解釈
  • 「的確な指導」の類語や類義語


「的確な指導」の意味

「的確な指導」という表現には、「的を外さずに正確に、その人の目的や性格、問題に見合ったやり方で教え導くこと」の意味合いがあります。

「的確」は、「的を外しておらず、間違いがないさま」の意味を持っています。

「的確な指導」というのは、「相手の目的・個性・問題状況などを考えて、それぞれの人に合った方法で教えて導くこと」を意味する表現なのです。

  • 「的確な指導」の読み方

「的確な指導」の読み方

「的確な指導」の読み方は、「てきかくなしどう」になります。



「的確な指導」の表現の使い方

「的確な指導」の表現の使い方を紹介します。

「的確な指導」の表現の使い方は、「的を外さずに(間違いをおかさずに)、その人の目的や性格、問題状況に見合ったやり方で教えて導く場合」に使うという使い方になります。

例えば、「プロの教師であるならば、的確な指導を行う能力がなければいけません」といった文章で、この言葉を使えます。

「的確な指導」を使った例文と意味を解釈

「的確な指導」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「的確な指導」を使った例文1
  • 「的確な指導」を使った例文2

「的確な指導」を使った例文1

「そのベテランのコーチは、選手たちの個性に合わせた的確な指導を行うだけの経験とノウハウを持っています」

この「的確な指導」を使った例文は、「的確な指導」の表現を、「選手たちの個性に合わせ、的を外さずに効果的に教えて導くだけの」という意味合いで使用しています。

「的確な指導」を使った例文2

「的確な指導を行うことができず、生徒の心を傷つけてしまったことを非常に遺憾に思っています」

この「的確な指導」を使った例文は、「生徒の個性・性格・問題に合わせて間違いのないように教え導くことができず」という意味を持つ文脈で、「的確な指導」の表現を使っています。



「的確な指導」の類語や類義語

「的確な指導」の類語や類義語を紹介します。

  • 「適切な教え方」【てきせつなおしえかた】
  • 「的を射た指導」【まとをいたしどう】

「適切な教え方」【てきせつなおしえかた】

「適切な教え方」という表現は、「相手の個性・目的・特徴に合っているふさわしい教え方(教育・指導のやり方)」のことを意味しています。

その意味合いから、「的を外さず相手の個性・目的に合った形で教え導く」を示す「的確な指導」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「適切な教え方」を上げられます。

「的を射た指導」【まとをいたしどう】

「的確な指導」という表現は、「的を外すことがなく、間違いのない方向性ややり方で教えて導くこと」を意味しています。

「的を射た」とは、「正確で間違いがないさま」を意味する表現です。

この意味から、「的を射た指導」という表現を、「的確な指導」と類似の意味を持っている類義語として紹介することができます。

icon まとめ

この記事で解説した「的確な指導」の表現には、「的を外さずに、その人の目的や性格特徴に合ったやり方で教えて導くこと」などの意味があります。

「的確な指導」の類語・類義語として、「適切な教え方」「的を射た指導」などがあります。

「的確な指導」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。