意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「陳情」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「陳情」という表現は「事件の被害者たちが犯罪厳罰化の要請について陳情しました」などの文章で使われますが、「陳情」はどのような意味を持っているのでしょうか?

「陳情」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

陳情

Meaning-Book
「陳情」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「陳情」の意味
  • 「陳情」の表現の使い方
  • 「陳情」を使った例文と意味を解釈
  • 「陳情」の類語や類義語


「陳情」の意味

「陳情」という表現は、「目上の人(権限を持つ人)に、自分の困っている実情(状況)・心情などを述べて伝えること」を意味しています。

「陳情」という言葉は、「中央省庁・地方の公的機関・政治家などに対し、自分たちが困っている実情・問題状況を訴えて、何らかの対処をしてくれるように要請すること」の意味合いも持っています。

  • 「陳情」の読み方

「陳情」の読み方

「陳情」の読み方は、「ちんじょう」になります。



「陳情」の表現の使い方

「陳情」の表現の使い方を紹介します。

「陳情」の表現の使い方は、「目上の人に、困っている実情・心情・問題などを述べて伝える場合」「政治家・公的機関などに困っている実情・心情を訴えて、対処(善処)してくれるように要請する時」に使うという使い方になります。

例えば、「近隣の用水路を整備してくれるように、地方議員に陳情しました」といった文章で使えます。

「陳情」を使った例文と意味を解釈

「陳情」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「陳情」を使った例文1
  • 「陳情」を使った例文2

「陳情」を使った例文1

「有権者の人たちの陳情を聞いて、自分にできる対応をしていくことも政治家の大事な仕事の一つです」

この「陳情」を使った例文は、「陳情」の表現を、「有権者の人たちが、実情・心情を訴えて政治的な善処を要請する声を聞いて」という意味合いで使っています。

「陳情」を使った例文2

「職場でいじめのような行為が行われていることについて、私は上司に陳情することにしました」

この「陳情」を使った例文は、「私は上司に、職場のいじめ行為の実情について述べて訴えることにしました」という意味を持つ文章で、「陳情」の表現を使用しています。



「陳情」の類語や類義語

「陳情」の類語や類義語を紹介します。

  • 「請願」【せいがん】
  • 「直訴」【じきそ】

「請願」【せいがん】

「請願」という表現は、「目上の人に、何らかの対処をしてくれるように願い出ること」「国民が国・地方公共団体に対して、法律の制定や損害賠償などを文書で要請すること」を意味しています。

その意味合いから、「請願」の表現を、「目上の人(権限を持つ人)に実情を訴えて要請すること」を示す「陳情」とよく似た意味を持つ類語として考えることができます。

「直訴」【じきそ】

「直訴」という言葉は、「有力者や権限を持っている人に対して直接、何らかの対処・対応をしてほしいという訴えをすること」を意味しています。

この意味から、「目上の人に問題の実情・心情を訴えて何らかの対処を求めること」を示す「陳情」と近しい類似の意味を持っている類義語として、「直訴」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「陳情」の表現には、「目上の人(問題解決の権限を持つ人)に、困っている実情・心情などを訴えて伝えること」「政治家・公的機関などに実情・問題状況を伝えて、善処してくれるように要請すること」などの意味があります。

「陳情」の類語・類義語として、「請願」「直訴」などがあります。

「陳情」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。