意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見込める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「見込める」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

見込める

Meaning-Book
「見込める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見込める」の意味
  • 「見込める」の表現の使い方
  • 「見込める」を使った例文と意味を解釈
  • 「見込める」の類語や類義語


「見込める」の意味

「見込める」の意味は以下の2つです。

1つ目は「実現できる可能性があると期待すること」で、ものごとを行う時に素直に考えて実現できる可能性が高く、希望を持っているうことを言います。

2つ目は、「ものごとの結果が予想されること」で、このままものごとを行えば、どの様な結果になるのかがほぼ分ることを言います。

  • 「見込める」の読み方
  • 「見込める」の言葉の成り立ち

「見込める」の読み方

「見込める」の読み方は、「みこめる」になります。

特に難しい漢字ではないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「見込める」の言葉の成り立ち

「見込める」は、動詞「見込む」の連用形に可能の動詞「れる・られる」が付いた表現です。

「見込む」「見」は動詞「見る」の連用形で、「目でものの存在を認識する」という意味の他に「調べる・確かめる」「観察して判断したり評価する」という意味があります。

「込む」「一つの場所に多くの人や物が集結すること」という意味の他に、動詞の連用形に付いて「十分に行う」「すっかり~する」という意味があります。

これらの言葉に可能の動詞が組み合さり「調べたり観察した結果、十分に判断できる」という意味で使われています。



「見込める」の表現の使い方

「見込める」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 何かしらの根拠がある時に使う

文法的な使い方

「見込める」は動詞を伴った表現ですので、文末にそのまま使えます。

自動詞として使う時には「見込む」になり、名詞形は「見込み」になります。

何かしらの根拠がある時に使う

「見込める」は可能を表す言葉ですので、そのものごとの結末に関して何らかの根拠がある時に使います。

今までの事例やデータなどに基づき、その結果に導かれる可能性が高いと予測される時の表現です。

「見込める」を使った例文と意味を解釈

「見込める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見込める」を使った例文1
  • 「見込める」を使った例文2

「見込める」を使った例文1

「この分だと去年より10%増しの利益が見込める」

現在の売り上げ状況や、伸び率を考えれば、年末の時点で去年度よりも利益が上がる可能性が高いことを表しています。

「見込める」を使った例文2

「この商品で新しい顧客層の取り込みが見込める」

新商品が今までとは違う顧客層をターゲットにしていて、新規の顧客を増やせることを期待しています。



「見込める」の類語や類義語

「見込める」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見做す」【みなす】
  • 「心当てにする」【こころあてにする】

「見做す」【みなす】

「そうでないものを、仮にそうだと決めること」という意味です。

「心当てにする」【こころあてにする】

「心の中で頼みとすること」「心の中で推しはかること」という意味です。

icon まとめ

「見込める」「実現できる可能性があると期待すること」「ものごとの結果が予想されること」という意味があります。

可能性が高く期待できることに対して使いましょう。