意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「もろに」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

私達が日頃から使っている日本語にも色々な言葉があります。

何気なく意識することなく使っている言葉ほど、意味を正しく理解していないことが多いかもしれません。

例えば「もろに」という表現などは、それに当てはまる言葉ではないでしょうか? 今回は、この「もろに」についてフォーカスしていくことにします。

もろに

Meaning-Book
「もろに」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「もろに」とは?意味
  • 「もろに」の表現の使い方
  • 「もろに」を使った例文と意味を解釈
  • 「もろに」の類語や類義語


「もろに」とは?意味

「もろに」とは、「まともに」「直接的に」「完全に」という意味がある言葉です。

「もろにぶつかった」などのような言い回しで使われていますが、「まともにぶつかった」という解釈かできます。



「もろに」の表現の使い方

「もろに」は敵からダイレクトに攻撃を受けた時などに「もろに受けた」という言い方がされます。

「まともに攻撃を受けてしまった」という意味になり、かなりのダメージに繋がり大きな被害を生んでしまうことになります。

「もろに」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「もろに」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「もろに」を使った例文1
  • 「もろに」を使った例文2

「もろに」を使った例文1

「ゴルフ場で後のパーティーから飛んで来たボールをもろに頭に受けて、大きな怪我をしてしまったのです」

「もろに」ゴルフボールが頭に当たってしまったなら、飛んだもなく大きな怪我をしてしまうことになります。

下手をすると、生命の危機にさらされるかもしれません。

めったにあることではないですが、こんな「もろに」はご免被りたいものです。

「もろに」を使った例文2

「今、通り過ぎたあの子って、すごく可愛くて、もろ好みだったなあ。また何処かで会いたいよ」

通り過ぎた女の子が自分の好みだった時に、「もろ」好みという表現で言うことがあります。

でも、本命の彼女を連れている時にこんなしぐさを見せるだけで、即アウトとなるので、注意しましょう。



「もろに」の類語や類義語

「もろに」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような類義語があるかを見ていくことにします。

  • 「ダイレクトな」【だいれくとな】
  • 「まともに」

「ダイレクトな」【だいれくとな】

「ダイレクトな」という言葉が「もろに」の類義語として挙げることができます。

「直接的に」という意味を持っている表現で、下手に小細工をせずにストレートな発言や行動をする印象を受ける言葉です。

「まともに」

「まともに」「もろに」と同じ意味を持つ言葉で、「きちんと向かい合うこと」ちという意味で使われています。

icon まとめ

「もろに」という言葉の意味や具体的な活用シーンを紹介してきましたが、このようにあらためて見ていくと、結構使える言葉であることが分かるかと思います。

ただ「もらにぶつかった」「もろに影響を受けた」という言い回しを聞くと、少し乱暴で粗っぽい印象を受ける語感の言葉でもあるので、使い方については、そのシチュエーションを見ながら、判断していく必要がありそうです。

この手の言葉は他にも色々とありますので、時間がある時に、じっくりと調べてみるのもおすすめです。