意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ひとしきり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話の中で何気なく交わされる言葉の中には、自分が特別に意識することがないものがあります。

そのような言葉の中に「ひとしきり」というものがありますが、これには、どのような意味が込められているのでしょうか?

そこで今回は、この「ひとしきり」について解説をしていくことにします。

ひとしきり

Meaning-Book
「ひとしきり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ひとしきり」とは?意味
  • 「ひとしきり」の表現の使い方
  • 「ひとしきり」を使った例文と意味を解釈
  • 「ひとしきり」の類語や類義語


「ひとしきり」とは?意味

「ひとしきり」とは、「いっとき物事の状態が盛んに続くこと」を意味する言葉で、「しばらくの間」という解釈もできます。



「ひとしきり」の表現の使い方

「ひとしきり」は、「しばらくの間、盛んに続く」という意味があるので、「ひとしきり泣く」というような使い方をしています。

「ひとしきり」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ひとしきり」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ひとしきり」を使った例文1
  • 「ひとしきり」を使った例文2

「ひとしきり」を使った例文1

「ツーリングの話で、初対面の人でも、ひとしきり会話が弾んだのです。これてペンションも賑やかになっていた」

バイクでツーリングを楽しむ人同士の会話は、同じ趣味・同じ価値観で、簡単に気持ちを共有することができます。

ツーリングの旅先で泊まるペンションで初めて会った人でも、話は弾んで止むことがありません。

「ひとしきり」を使った例文2

「今月に入り、雨がひとしきりの間、降り続きました。

そのおかげで草も木々も大きく成長することになったが、家では洗濯物を干すことができずに困っていた」


「ひとしきり雨が降る」という表現では、「ひとしきり」の典型的は活用表現の1つです。

雨が降ることで、自然は元気になっていくのですが、その反面、人の生活では色々な支障が生まれて来ることもあります。

洗濯物が干せないとなると、主婦にとっては厄介なことです。



「ひとしきり」の類語や類義語

「ひとしきり」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見て行くことにします。

  • 「一通り」【ひととおり】
  • 「少しの間」【すこしのあいだ】

「一通り」【ひととおり】

「一通り」「ひとしきり」に近い解釈ができる言葉です。

「始めから終わりまで」「ざっと目を通すようなこと」というような意味合いがあります。

「一通り眺めてみる」「一通り練習する」という使い方になります。

「少しの間」【すこしのあいだ】

「少しの間」という言葉も「ひとしきり」の類義語として使うことができます。

「僅かな時間の中」という意味になり、「少しの間、我慢する」というような使い方になるでしょう。

icon まとめ

「ひとしきり」という言葉を耳にすると、「ひとしきり降る雨」というフレーズを思い浮かべる人も多いのではないかと思います。

この言葉には、何か季節の移ろいさえ感じさせる語感もありそうです。

日本語には、ごく普通の生活の中で繰り広げられる出来事を、さらりと流していくような言い回しもあるのですが、「ひとしきり」もその1つに当てはまるかもしれません。

そのような言葉が他にも数多くあるのが、日本語の魅力とも言えるでしょう。