意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「明朗会計」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「明朗会計」という表現は「明朗会計な飲食店でないと安心して利用できません」などの文章で使われますが、「明朗会計」にはどのような意味があるのでしょうか?

「明朗会計」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

明朗会計

Meaning-Book
「明朗会計」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「明朗会計」の意味
  • 「明朗会計」の表現の使い方
  • 「明朗会計」を使った例文と意味を解釈
  • 「明朗会計」の類語や類義語


「明朗会計」の意味

「明朗会計」という表現は、「ごまかしや詐欺・不正行為をしていない内容と金額がはっきりとしている代金の請求」を意味しています。

「明朗会計」「明朗」という言葉は、「明確で内容がはっきりとしていること」を意味しています。

「会計」という表現は、「金銭の収支を記録すること・お金のやり取りをすること」の意味合いを持っています。

  • 「明朗会計」の読み方

「明朗会計」の読み方

「明朗会計」の読み方は、「めいろうかいけい」になります。



「明朗会計」の表現の使い方

「明朗会計」の表現の使い方を紹介します。

「明朗会計」の表現の使い方は、「お店(飲食店など)において代金の請求に、嘘偽り・詐欺・不正がなくて内容と金額がはっきりしている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「明朗会計のお店でなければ、現在の競争環境では生き残れません」といった文章で使用することができます。

「明朗会計」を使った例文と意味を解釈

「明朗会計」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「明朗会計」を使った例文1
  • 「明朗会計」を使った例文2

「明朗会計」を使った例文1

「私たちの店舗は、いつも明朗会計を心がけていますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください」

この「明朗会計」を使った例文は、「明朗会計」の表現を、「いつも不正やごまかしのない料金請求を心がけていますので」といった意味合いで使用しています。

「明朗会計」を使った例文2

「明朗会計と書かれた立て看板を信じて入店したら、あやうくぼったくりの被害に遭いそうになりました」

この「明朗会計」を使った例文は、「ごまかし・詐欺のない内容と金額がはっきりした料金設定と書かれた立て看板」という意味を持つ文脈で、「明朗会計」の表現を使っています。



「明朗会計」の類語や類義語

「明朗会計」の類語や類義語を紹介します。

  • 「明確な料金設定」【めいかくなりょうきんせってい】
  • 「不正のない会計」【ふせいのないかいけい】

「明確な料金設定」【めいかくなりょうきんせってい】

「明朗会計」という表現は、「嘘・誤魔化し・詐欺などがないはっきりとした料金の設定と請求」のことを意味しています。

その意味合いから、「明朗会計」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「明確な料金設定」という表現を指摘できます。

「不正のない会計」【ふせいのないかいけい】

「明朗会計」という言葉は、「不正・詐欺などの意図がない内容と金額がはっきりとした会計(料金請求)」のことを意味しています。

この意味から、「不正のない会計」という表現を、「明朗会計」と近しい類似の意味を持っている類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「明朗会計」の表現には、「ごまかしや詐欺・不正がない内容・金額がはっきりとしている代金の請求」などの意味があります。

「明朗会計」の類語・類義語として、「明確な料金設定」「不正のない会計」などがあります。

「明朗会計」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。