意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「曇天」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「曇天」という表現は「生憎(あいにく)の曇天でしたが、野球の試合は予定通りに行われました」などの文章で使われますが、「曇天」にはどのような意味があるのでしょうか?

「曇天」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語・対義語」について、詳しく解説していきます。

曇天

Meaning-Book
「曇天」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「曇天」の意味
  • 「曇天」の表現の使い方
  • 「曇天」を使った例文と意味を解釈
  • 「曇天」の類語や類義語
  • 「曇天」の対義語


「曇天」の意味

「曇天」という表現は、「雲が立ち込めていてくもっている空・曇り空(くもりぞら)」のことを意味しています。

「曇天」というのは、「晴れていない曇りの天気」を意味する表現です。

気象庁の定義する気象用語の「くもり(曇天)」は、「雲量(0~10の10段階)が9以上で、中・下層の雲が上層の雲より多くて、雨が降っていない状態の天気」を意味しています。

  • 「曇天」の読み方

「曇天」の読み方

「曇天」の読み方は、「どんてん」になります。



「曇天」の表現の使い方

「曇天」の表現の使い方を紹介します。

「曇天」の表現の使い方は、「雲が空をおおっているようなくもり空」「晴れていないくもりの天気」を指し示して使うという使い方になります。

例えば、「曇天の日には、気分も何だかどんよりとしてきます」といった文章で使用することができます。

「曇天」を使った例文と意味を解釈

「曇天」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「曇天」を使った例文1
  • 「曇天」を使った例文2

「曇天」を使った例文1

「曇天でも雨が降らない限り、明日の体育祭は実施される予定です」

この「曇天」を使った例文は、「曇天」の表現を、「(晴れではない)くもりの天気でも雨が降らない限り」という意味を持つ文脈で使用しています。

「曇天」を使った例文2

「今にも雨が降り出しそうな曇天でしたが、傘を持ってきていないので帰り道が不安になりました」

この「曇天」を使った例文は、「今にも雨が降り出しそうなくもり空でしたが」という意味合いで、「曇天」の表現を使っています。



「曇天」の類語や類義語

「曇天」の類語や類義語を紹介します。

  • 「曇り空」【くもりぞら】
  • 「くもり」【くもり】

「曇り空」【くもりぞら】

「曇天」という表現は、「晴れておらず、雲が立ち込めているくもり空」のことを意味しています。

その意味合いから、「曇天」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「曇り空」という表現を上げられます。

「くもり」【くもり】

「曇天」という言葉は、「くもりの天気(雲量9以上で中下層の雲が多い、雨が降っていない天気)」のことを意味しています。

この意味から、「曇天」とほぼ同じ類似の意味を持っている類義語として、「くもり」という天気の種類を指摘できます。

「曇天」の対義語

「曇天」とは反対の意味を持っている対義語として、「晴天(せいてん)」があります。

「晴天」とは、「気持ちよく晴れた天気・真っ青に晴れた空が広がる青天」という意味合いを持つ言葉です。

「晴天」は、「くもった空・くもりの天気」を意味する「曇天」の対義語として理解できます。

icon まとめ

この記事で説明した「曇天」の表現には、「晴れていなくて、雲が立ち込めているくもり空・くもりの天気」などの意味があります。

「曇天」の類語・類義語として、「曇り空」「くもり」などがあります。

「曇天」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。