意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「要注意エリア」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「要注意エリア」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「要注意エリア」という言葉の理解を深めていきましょう。

要注意エリア

Meaning-Book
「要注意エリア」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「要注意エリア」の意味
  • 「要注意エリア」の表現の使い方
  • 「要注意エリア」を使った例文と意味を解釈
  • 「要注意エリア」の類語や類義語


「要注意エリア」の意味

「要注意エリア」とは、危険があるとされる地域、特別に注意が必要な場所といった意味になります。

  • 「要注意エリア」の読み方

「要注意エリア」の読み方

「要注意エリア」の読み方は、「ようちゅういえりあ」になります。



「要注意エリア」の表現の使い方

「要注意エリア」を使った表現を紹介します。

「要注意エリア」「要注意」とは漢字の通りの意味で、特に注意が必要とされるという意味になります。

「エリア」とは地域、地帯、範囲といった意味を持つ英語です。

つまり「要注意エリア」とは危険があるとされる地域、行かない方がいいとされる地帯などを言い表す時に使う言葉です。

例えば海外旅行などで「そこは要注意エリアとなっている場所だから一人では行ってはならない」「要注意エリアとわかっていてなぜ行ったのだ」という風に使います。

それ以外に、日常的な会話でも危険な場所、揉め事に巻き込まれるといった意味合いで少々皮肉めいた言い方で使うこともあります。

自分にとって嫌な人がいる場所や、素行の良くない者が集まる地域を「要注意エリア」と言ったりもします。

「要注意エリア」を使った例文と意味を解釈

「要注意エリア」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「要注意エリア」を使った例文1
  • 「要注意エリア」を使った例文2

「要注意エリア」を使った例文1

「あの辺り一帯は、夜は要注意エリアと言っただろう、一人で出歩くのは駄目だ」

安全ではないとされる地域のことを「要注意エリア」と言います。

例文のように昼間はともかく、夜間は人気がない、もしくは繁華街といったことで危険があるとされる地域のことを「要注意エリア」と言い表しているのです。

「要注意エリア」を使った例文2

「ここの支店はクレーム客が多すぎる、要注意エリアとして覚えておこう」

地域的に、事件が多い、治安が悪いとされていることを「要注意エリア」と言うこともあります。

例文のようにクレームをつける客が多すぎるということは、客層が悪い地域ということになり何かと慎重にならなければいけない「要注意エリア」となるわけです。



「要注意エリア」の類語や類義語

「要注意エリア」の類語や類義語を紹介します。

  • 「危険地域」【きけんちいき】
  • 「治安が悪い場所」【ちあんがわるいばしょ】

「危険地域」【きけんちいき】

安全ではない地域のことを「危険地域」と言います。

例えば戦争が起こっている、治安が悪い、災害などがあり安全かどうか確認がとれていない地域といったことがあげられます。

「治安が悪い場所」【ちあんがわるいばしょ】

「治安が悪い場所」とは、事件が起こりやすい、暴力、迷惑行為をする住人が多い、安全ではない繁華街といった場所に対して使う言葉です。

「治安が悪い場所には行かないように」「あそこは治安が悪い場所として昔から有名だ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「要注意エリア」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。