意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「破壊寸前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「破壊寸前」という表現は「その山間部に架かっている橋は破壊寸前でした」などの文章で使われますが、「破壊寸前」にはどのような意味があるのでしょうか?

「破壊寸前」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

破壊寸前

Meaning-Book
「破壊寸前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「破壊寸前」の意味
  • 「破壊寸前」の表現の使い方
  • 「破壊寸前」を使った例文と意味を解釈
  • 「破壊寸前」の類語や類義語


「破壊寸前」の意味

「破壊寸前」という表現は、「外的な力が加えられて、建造物・橋梁・物体・秩序・精神・組織などのいろいろなものが壊れてしまう(壊されてしまう)ほんの少し前」ということを意味しています。

「破壊寸前」というのは、「物体や精神、秩序などに対して外部の力が加わって、壊れる(壊される)直前」ということを意味している表現です。

  • 「破壊寸前」の読み方

「破壊寸前」の読み方

「破壊寸前」の読み方は、「はかいすんぜん」になります。



「破壊寸前」の表現の使い方

「破壊寸前」の表現の使い方を紹介します。

「破壊寸前」の表現の使い方は、「建築物(構造物)・物体・精神・秩序などに外的な力が加わって、壊れてしまう(壊されてしまう)直前」という意味合いで使うという使い方になります。

例えば、「トラウマになる出来事があって、私の心は破壊寸前でした」といった文章で使うことができます。

「破壊寸前」を使った例文と意味を解釈

「破壊寸前」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「破壊寸前」を使った例文1
  • 「破壊寸前」を使った例文2

「破壊寸前」を使った例文1

「大型の台風と大雨の影響で、河川が氾濫して堤防が破壊寸前の状態になっていました」

この「破壊寸前」を使った例文は、「破壊寸前」という表現を、「堤防が壊されてしまうほんの少し前の状態になっていた」という意味を持つ文章で使っています。

「破壊寸前」を使った例文2

「独裁的な政権と景気悪化に対する暴力的なデモ活動が激化して、社会秩序は破壊寸前でした」

この「破壊寸前」を使った例文は、「社会秩序が崩壊してしまう直前でした」という意味合いで、「破壊寸前」という表現を使用しています。



「破壊寸前」の類語や類義語

「破壊寸前」の類語や類義語を紹介します。

  • 「崩壊寸前」【ほうかいすんぜん】
  • 「毀損の直前」【きそんのちょくぜん】

「崩壊寸前」【ほうかいすんぜん】

「崩壊寸前」という表現は、「構造物・物体・精神状態などが、崩れて壊れてしまうほんの少し前」という意味合いを持っています。

その意味から、「物体や精神、秩序などが壊れる直前」を示す「破壊寸前」とほとんど同じ意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「崩壊寸前」の表現を上げられます。

「毀損の直前」【きそんのちょくぜん】

「毀損の直前」という言葉は、「物体・器物が壊れたり壊されたりするほんの少し前」「名誉・体面・利益などが損なわれる直前」を意味しています。

この意味合いから、「外的な力が加わって、壊れる(壊される)直前」を示す「破壊寸前」とよく似た意味を持つ類義語として、「毀損の直前」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で説明した「破壊寸前」の表現には、「外部の力が加わって、建築物・物体・精神・秩序などが壊される(壊れる)直前」などの意味があります。

「破壊寸前」の類語・類義語として、「崩壊寸前」「毀損の直前」などがあります。

「破壊寸前」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。