意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頭領」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「頭領」という表現は「この武装集団の頭領が誰なのかを今、調査しています」などの文章で使われますが、「頭領」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「頭領」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

頭領

Meaning-Book
「頭領」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「頭領」の意味
  • 「頭領」の表現の使い方
  • 「頭領」を使った例文と意味を解釈
  • 「頭領」の類語や類義語


「頭領」の意味

「頭領」という表現は、「ある集団・組織のリーダーや長(ちょう)、かしら、トップ」のことを意味しています。

「頭領」というのは、「集団を統率したり指導したりするリーダー的人物・中心的人物」を意味する表現なのです。

「頭領」の語源は同音同義語の「棟梁(とうりょう)」にありますが、「頭領・棟梁・統領」はすべて同じ意味合いを持っている言葉になります。

  • 「頭領」の読み方

「頭領」の読み方

「頭領」の読み方は、「とうりょう」になります。



「頭領」の表現の使い方

「頭領」の表現の使い方を紹介します。

「頭領」の表現の使い方は、「集団組織を統率したり指導したりするリーダー・かしら」を指し示して使うという使い方になります。

例えば、「優れた面倒見の良い頭領がいる職人の集団は、いつも腕利きの若手が育っているものです」といった文章で、「頭領」の表現を適切に使うことができます。

「頭領」を使った例文と意味を解釈

「頭領」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「頭領」を使った例文1
  • 「頭領」を使った例文2

「頭領」を使った例文1

「頭領を討たれてしまうと、寄せ集めの部族集団の部隊はあっという間に瓦解してしまうものです」

この「頭領」を使った例文は、「部族集団を統一して指導するリーダーを討たれてしまうと」という意味を持つ文脈で、「頭領」という表現を使っています。

「頭領」を使った例文2

「中世で頭領という言葉を使用する時には、主に源氏や平家といった武家の一門を統率する人物のことを指していました」

この「頭領」を使った例文は、「頭領」という表現を、「中世で集団組織を率いるかしら・長という言葉を使用する時には」という意味合いで使用しています。



「頭領」の類語や類義語

「頭領」の類語や類義語を紹介します。

  • 「棟梁」【とうりょう】
  • 「リーダー」【りーだー】

「棟梁」【とうりょう】

「棟梁」という言葉は「頭領」の語源とされています。

「棟梁」「建物の棟(むね)と梁(はり)を指す言葉」でしたが、建物のもっとも大切な部分であることから、後に「集団組織をまとめるかしら・長などの中心的人物」を意味するようになりました。

その意味から、「頭領」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「棟梁」の表現を指摘できます。

「リーダー」【りーだー】

「頭領」という言葉は、「集団組織をまとめて指導するリーダー的人物」のことを意味しています。

この意味合いから、「リーダー」という表現を、「頭領」と近しい類似の意味を持っている類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で説明した「頭領」の表現には、「集団組織を統率したり指導したりするリーダー的人物・中心的人物」などの意味があります。

「頭領」の類語・類義語として、「棟梁」「リーダー」などがあります。

「頭領」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。