意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大量流出」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大量流出」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「大量流出」という言葉の理解を深めていきましょう。

大量流出

Meaning-Book
「大量流出」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大量流出」の意味
  • 「大量流出」の表現の使い方
  • 「大量流出」を使った例文と意味を解釈
  • 「大量流出」の類語や類義語


「大量流出」の意味

「大量流出」とは沢山の物、人などが、よそへ移ってしまう、もしくは貴重なものが外部へ出てしまうという意味になります。

  • 「大量流出」の読み方

「大量流出」の読み方

「大量流出」の読み方は、「たいりょうりゅうしゅつ」になります。



「大量流出」の表現の使い方

「大量流出」を使った表現を紹介します。

「大量流出」とは沢山の物、人などがよそへ移る、外部へ出てしまうといった時に使う言い回しです。

例えば、貴重な資料などが外部へ流れ出てしまうことは「流出」と言ったりもします。

ほんの少しのことであっても外部へ出ることは好ましいことではありません。

それが「大量」とあれば大問題であるということは簡単に想像がつくでしょう。

つまり「大量流出」という言葉が付く場合、その物事は深刻である、大変であると解釈することもできます。

「貴重な人材が大量流出する」「さらなる秘密が大量流出するのではないかと囁かれている」「このような不祥事が起これば、所属している者たちの大量流出は必至でしょう」などと使います。

「大量流出」を使った例文と意味を解釈

「大量流出」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大量流出」を使った例文1
  • 「大量流出」を使った例文2

「大量流出」を使った例文1

「あの人たち、まだ気がつかないのだろうか、貴重な人材が大量流出すれば、後々困るのは自分たちということに」

貴重とされる人材が沢山、居なくなること、外部へ出ていくことを「大量流出」と言います。

例文は、組織において貴重な人材というのは宝であり、人材が流れて行くことに歯止めをかけないことは、残された者が後々困るということになると言っているのです。

「大量流出」を使った例文2

「あの部署だけ人材が大量流出しているのは、パワハラが原因なのではないかという噂は聞く」

「大量流出」とは、大事な物、人が外へ出ることを言います。

人材がよそへ移る、貴重な資料が外部へ流れるといった意味となりますが、例文は沢山の人がよそへ移って行くのはハラスメントが行われているからではないかと指摘しているのです。



「大量流出」の類語や類義語

「大量流出」の類語や類義語を紹介します。

  • 「沢山外部に出る」【たくさんがいぶにでる】
  • 「広く第三者の知るところとなる」【ひろくだいさんしゃのしるところとなる】

「沢山外部に出る」【たくさんがいぶにでる】

「沢山外部に出る」とは、人材がよそへ移ってしまうことを言います。

「いい環境を求めて、優秀な人たちは沢山外部に出て行った」という風に使います。

「広く第三者の知るところとなる」【ひろくだいさんしゃのしるところとなる】

「広く第三者の知るところとなる」とは、隠されていたことが、外部に出て、関係ない人たちにまで知られているといった意味となります。

「資料が外部に持ち出され、広く第三者の知るところとなった」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大量流出」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。