意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取りあえず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「取りあえず」という表現は「取りあえずこの場から急いで避難しましょう」などの文章で使われますが、「取りあえず」にはどのような意味があるのでしょうか?

「取りあえず」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

取りあえず

Meaning-Book
「取りあえず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取りあえず」の意味
  • 「取りあえず」の表現の使い方
  • 「取りあえず」を使った例文と意味を解釈
  • 「取りあえず」の類語や類義語


「取りあえず」の意味

「取りあえず」という表現は、「他のことはさしおいて最初に・まず一番目(第一)に」ということを意味しています。

「取りあえず」の表現には、「何か他のことをする間もなくすぐに・あっという間で」といった意味合いもあります。

  • 「取りあえず」の読み方

「取りあえず」の読み方

「取りあえず」の読み方は、「とりあえず」になります。



「取りあえず」の表現の使い方

「取りあえず」の表現の使い方を紹介します。

「取りあえず」の表現の使い方は、「他のことを後回しにしてでも、まず第一に・最初に」という意味合いで使うという使い方になります。

例えば、「取りあえず、車のパンク修理をしたいと思います」などの文章で使えます。

「取りあえず」という表現は、「何をする暇もなくすぐに」という意味で使う使い方もあります。

例えば、「取りあえず、会社に電話をしました」といった文章で使用できます。

「取りあえず」を使った例文と意味を解釈

「取りあえず」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「取りあえず」を使った例文1
  • 「取りあえず」を使った例文2

「取りあえず」を使った例文1

「取りあえず、交通事故で怪我した人たちを救急車に載せて病院へと搬送しましょう」

この「取りあえず」を使った例文は、「取りあえず」という表現を、「時間を空けずすぐに・十分ではないが暫定的な対処として」という意味を持つ文脈で使用しています。

「取りあえず」を使った例文2

「取りあえず、関係者の方々に連絡だけはしておいたほうが良いですよ」

この「取りあえず」を使った例文は、「他のことはさしおいて、まず第一に」という意味合いで、「取りあえず」という表現を使っています。



「取りあえず」の類語や類義語

「取りあえず」の類語や類義語を紹介します。

  • 「差し当たって」【さしあたって】
  • 「最初に」【さいしょに】

「差し当たって」【さしあたって】

「差し当たって」という表現は、「他のことはさておいて、まず初めに」「とりあえず暫定的に対応して」といった意味合いを持っています。

その意味から、「差し当たって」という表現を、「他のことはさしおいて最初に」を示す「取りあえず」とよく似た類語(シソーラス)として解釈できます。

「最初に」【さいしょに】

「取りあえず」という表現は、「まず第一に・他のことよりも優先して最初に」ということを意味しています。

この意味合いから、「取りあえず」とほとんど同じような意味を持っている類義語として、「最初に」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で紹介した「取りあえず」の表現には、「他のことはさしおいてまず・十分ではないが暫定的に対処して」「何をするという間もなくすぐに」などの意味があります。

「取りあえず」の類語・類義語として、「差し当たって」「最初に」などがあります。

「取りあえず」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。