意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「タブーを破る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

普段の会話の中で「タブーを破る」という表現を使ったことのある人は、どのくらいいらっしゃるでしょうか?

この言葉の裏には、絶対にやってはならないことに手を出してしまったようなニュアンスが感じられます。

そこで今回は、この「タブーを破る」について考えて行きたいと思います。

タブーを破る

Meaning-Book
「タブーを破る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「タブーを破る」とは?意味
  • 「タブーを破る」の表現の使い方
  • 「タブーを破る」を使った例文と意味を解釈
  • 「タブーを破る」の類語や類義語


「タブーを破る」とは?意味

「タブー」とは「禁忌」、すなわち「禁じられていること」という意味があります。

そのことから「タブーを破る」は、「禁じられていることをやってしまう」、あるいは「誰も手を出してならぬものに手を出してしまう」という意味があります。



「タブーを破る」の表現の使い方

「タブーを破る」「禁止されていることを守らず破ってしまうこと」という意味があるので、人が触れてはならないことをやってしまい、大きなトラブルになるような場面で使われることになります。

「タブーを破る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「タブーを破る」を使った例文を見ながら、具体的なかってシーンをイメージしてみてください。

  • 「タブーを破る」を使った例文1
  • 「タブーを破る」を使った例文2

「タブーを破る」を使った例文1

「数百年も固く守られてきた村のタブーを破ったことで、多くの人達が厳しい目で見られてしまうことになった」

何百年もの守られてきた掟を破ることは、その土地で生まれて育ってきた人にとっては、天地がひっくり返るようなことに写るでしょう。

しかし、もしその掟が人にとって良くない悪習なのであるならば、「タブーを破る」ことも決して悪いことではないかもしれません。

「タブーを破る」を使った例文2

「わが社で新たな事業を始めることは、創業以来続けてきた事業を諦めることにもなる。まさにタブーを破るようなものだ」

創業以来、脈々と受け継がれてきた事業を止めて、新たな事業に転換することは、「タブーを破る」ことでもあります。

決して止めてはならない伝統を否定して、新規分野にチャレンジすることが本当にいいのか誰も正解を持っているわけではありません。

しかし、ここで「タブーを破る」ことで、古い凝り固まった考えを一新することができる場合もあります。



「タブーを破る」の類語や類義語

「タブーを破る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「禁止されたことを破る」【きんしされたことをやぶる】
  • 「やってはいけないことをしてしまう」

「禁止されたことを破る」【きんしされたことをやぶる】

「禁止されたことを破る」「タブーを破る」の類義語として扱うことができます。

これは「規則やみんなで決めた禁止項目を守らずに犯してしまう」という意味になります。

「やってはいけないことをしてしまう」

「やってはいけないことをしてしまう」「タブーを破る」と同じ意味を持つ表現です。

人は変なもので、やってはならないことをどうしてもルールを破ってまでも、やってしまいたくなります。

しかし、それを我慢することが人としての正しい意識の持ち方なのです。

icon まとめ

「タブーを破る」ということは、決して許されるここではないイメージがありますが、例文のように古臭い時代遅れの慣習を破ることで、新たな展開を見出だすことができることもあります。

このような時の「ルールを破る」ことは、いい意味で理解することができるでしょう。