意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予定合わせ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「予定合わせ」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「予定合わせ」という言葉の理解を深めていきましょう。

予定合わせ

Meaning-Book
「予定合わせ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予定合わせ」の意味
  • 「予定合わせ」の表現の使い方
  • 「予定合わせ」を使った例文と意味を解釈
  • 「予定合わせ」の類語や類義語


「予定合わせ」の意味

「予定合わせ」とは、これからしようとしている物事に対して、複数の人の都合を調整し一つにまとめることを言います。

  • 「予定合わせ」の読み方

「予定合わせ」の読み方

「予定合わせ」の読み方は、「よていあわせ」になります。



「予定合わせ」の表現の使い方

「予定合わせ」を使った表現を紹介します。

「予定合わせ」とはその言葉の通り、予定を合わせることです。

一人の場合であればこのような言い回しにはなりませんので、通常は二人以上の人の「予定」「都合」を調整して一つの物事に当てはめることを言います。

例えば飲み会、イベントといったことは、複数の人が一同に集まるわけですが、それぞれの事情を調整して、ある日時を決めることになるでしょう。

そういったことを「予定合わせ」と言うのです。

「予定合わせして、何とか今週中に忘年会を入れよう」「予定合わせが上手くいかない」「君がメンバーの予定合わせをしてよ」などと使います。

日常会話でわりとよく使われる言葉ではないでしょうか。

「予定合わせ」を使った例文と意味を解釈

「予定合わせ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「予定合わせ」を使った例文1
  • 「予定合わせ」を使った例文2

「予定合わせ」を使った例文1

「みんなで、予定合わせをして旅行に行く計画を立てた」

複数の人の都合、事情などを合わせて、一つのものとまとめること、妥協点を探ることを「予定合わせ」という言い方をします。

例えばこの日は駄目、あの日は駄目とそれぞれの事情というものがあります。

そこで一旦全員が自分の抱えている事情を出し合い、都合の合う日を探し出すことができれば「予定合わせができた」という状態になるのです。

「予定合わせ」を使った例文2

「予定合わせが上手くいかず、結局食事会はお流れとなった」

それぞれの空いている日時が合わない、忙しくて時間がとれないといったことがありますと、集まることはできません。

このような状態を「予定が合わない」「予定合わせが上手くいかない」と言い表すのです。



「予定合わせ」の類語や類義語

「予定合わせ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「擦り合わせ」【すりあわせ】
  • 「意見調整」【いけんちょうせい】

「擦り合わせ」【すりあわせ】

「擦り合わせ」とは、二つの物事を、つき合わせ調整をすることを言います。

「会議の前に、擦り合わせをしておく必要がある」「こちらとしては、事前に擦り合わせたいが、先方から嫌がられているのでどうしようもない」などと使います。

「意見調整」【いけんちょうせい】

「意見調整」とは、双方の言い分を、つり合いのとれた状態へ持って行くこと、折り合いをつけることを言います。

「意見調整は上手くいかなかった」「意見調整の最中です」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「予定合わせ」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。