意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「唯一の天敵」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

小説や物語などで「唯一の天敵」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

唯一の天敵

Meaning-Book
「唯一の天敵」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「唯一の天敵」の意味
  • 「唯一の天敵」の表現の使い方
  • 「唯一の天敵」を使った例文と意味を解釈
  • 「唯一の天敵」の類語や類義語


「唯一の天敵」の意味

「唯一の天敵」の意味は、「自分が勝てないたった一人、ひとつの相手のこと」です。

自分の体力や能力に自信があり、他の人には負けないと思っているのですが、中に一人だけ、或いはひとつだけ、どうしても勝てない、勝つのが困難であるという存在がいることを言います。

自然界では「ネズミにとっての猫」「蛇にとってのマングース」など、捕食や寄生の関係にある生き物を意味します。

日常生活では、いつも怒られる上司やお局様、一緒にいると調子を狂わされてしまう同僚などが挙げられます。

  • 「唯一の天敵」の読み方
  • 「唯一の天敵」を分解してい解釈

「唯一の天敵」の読み方

「唯一の天敵」の読み方は、「ゆいいつのてんてき」になります。

「唯一」「ゆいいち」と読むこともありますが、一般的には「ゆいいつ」と読むことが多くなります。

「唯一の天敵」を分解してい解釈

「唯一の天敵」「唯一+の(助詞)+天敵」で成り立っています。

「唯一」「たった1つであること」「それ以外にはないこと」という意味です。

「天敵」「自然界で、ある生き物が特定の生き物を捕食や寄生などにより殺傷すること」「他にはそうでもないのに、特定の人やものに対して思い通りにいかないこと」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「他とは違い、思い通りにいかない唯一のものや人」という意味で使われています。



「唯一の天敵」の表現の使い方

「唯一の天敵」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • ビジネスでの使い方

文法的な使い方

「唯一の天敵」は名詞であり、文末に使う時には助動詞を伴って「唯一の天敵だ・である」になります。

前後にその「天敵」の名前や説明の文章が入ります。

ビジネスでの使い方

ビジネスで「唯一の天敵」と使う場合には「自分が苦手な相手のこと」を表します。

討論になるとすぐに負けてしまったり、中には顔を合わせるだけで憂うつになるという相手もいます。

いつも力関係で負けてしまう相手に対して使われます。

「唯一の天敵」を使った例文と意味を解釈

「唯一の天敵」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「唯一の天敵」を使った例文1
  • 「唯一の天敵」を使った例文2

「唯一の天敵」を使った例文1

「彼の唯一の天敵は隣の部署の同期だ」

隣の部署の同期入社の相手にどうしても能力的に勝てず、一歩先を行かれている状態を表しています。

「唯一の天敵」を使った例文2

「私の唯一の天敵は蜘蛛だ」

蜘蛛が大嫌いで、いるだけで大声を出して逃げてしまうことを表しています。



「唯一の天敵」の類語や類義語

「唯一の天敵」の類語や類義語を紹介します。

  • 「宿敵同士」【しゅくてきどうし】
  • 「反目する相手」【はんもくするあいて】

「宿敵同士」【しゅくてきどうし】

「お互いが非常に仲が悪く争っている関係であること」という意味です。

「反目する相手」【はんもくするあいて】

「お互いに仲が悪く、常ににらみ合っている状態であること」という意味です。

icon まとめ

「唯一の天敵」「自分が勝てないたった一人、ひとつの相手のこと」です。

どうしても苦手な人やものに対して使いましょう。