意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「持ち主」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「持ち主」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「持ち主」という言葉の理解を深めていきましょう。

持ち主

Meaning-Book
「持ち主」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「持ち主」の意味
  • 「持ち主」の表現の使い方
  • 「持ち主」を使った例文と意味を解釈
  • 「持ち主」の類語や類義語


「持ち主」の意味

「持ち主」とは、その物、性質などを、所有している人という意味になります。

  • 「持ち主」の読み方

「持ち主」の読み方

「持ち主」の読み方は、「もちぬし」になります。



「持ち主」の表現の使い方

「持ち主」を使った表現を紹介します。

「持ち主」とは簡単に言うならば「それを持っている人」という意味になります。

物を所有しているという意味で使われることが多いのですが、例えば「彼女は、素晴らしい才能の持ち主である」といった言い方もします。

これは「素晴らしい才能を持っている人」という意味です。

「持ち主」とは「物」だけでなく性質、能力といったことにも使えます。

「あなたが、不思議な力の持ち主であることは隠しておきなさい」「この車の持ち主は、どこに行ったのですか」「私がこの家の持ち主です」「持ち主不明ということで、その本は一応先生が預かっておくことになった」などと使います。

「持ち主」を使った例文と意味を解釈

「持ち主」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「持ち主」を使った例文1
  • 「持ち主」を使った例文2

「持ち主」を使った例文1

「持ち主に無断で、物を使ったり、持ち出すのはいけないことだ」

ある持ち物を所有している人のことを「持ち主」と言います。

例文のように黙って、使用したり、違う場所へ持って行くことは悪いことです。

「持ち主」を使った例文2

「彼は優しい気持ちの持ち主だから、君みたいな攻撃的な人とは相性が合わないと思う」

心が優しい、そのような性質を持っているということを「持ち主」という言葉で表すこともできます。

例文は、優しい気持ちの「持ち主」と、攻撃的な人は価値観が違うので、人間関係が難しいと伝えているのです。



「持ち主」の類語や類義語

「持ち主」の類語や類義語を紹介します。

  • 「所有者」【しょゆうしゃ】
  • 「オーナー」【おーなー】
  • 「保有者」【ほゆうしゃ】

「所有者」【しょゆうしゃ】

「所有者」とは、自分の物として持っている、その人のことを言います。

「この家の所有者は、今は私ではなく私の妻なのです」「これは正当な所有者であるあなたが持っておくべきだと思います」「所有者に無断で使うことはできません」などと使います。

「オーナー」【おーなー】

「オーナー」とは英語で、所有者、「持ち主」という意味になります。

「このチームのオーナーは彼です」「この店は僕のものじゃないのです、オーナーが別にいます」などと使います。

「保有者」【ほゆうしゃ】

「保有者」とは、自分の物として持っている人のことを言います。

「この建物の保有者に許可をとって、撮影している」「私は保有者だが、別の人に管理を任せている」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「持ち主」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。